NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
「2人で引っ張っていこうと...」堂安律は“盟友”のひと振りに感謝

「2人で引っ張っていこうと...」堂安律は“盟友”のひと振りに感謝

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/22
No image

[7.22 東京五輪GL第1節 U-24日本 1-0 U-24南アフリカ 東京]

U-24日本代表の10番を背負うMF堂安律は1-0という結果に安堵の表情を見せた。「難しい形になったけど、何とか勝ち点3を取れて良かったし、いい形で2戦目を迎えられるかなと思う」。試合直後のTVインタビューでは“盟友”のゴールにも感謝した。

決勝点はともに攻撃を牽引するMF久保建英の左足から生まれた。「2人で引っ張っていこうという話はしていたので、彼が決めてくれて、チームを助けてくれて感謝している」と笑顔を見せた。

大会直前に新型コロナウイルス陽性者が出るなどアクシデントに見舞われた南アフリカ。「勝負にこだわる気持ちは海外特有のメンタリティーを感じた。僕らも技術を上げていかないと、崩していくのは難しいなと思った」。引いてカウンターを狙う相手を攻めあぐねたが、「ハーフタイムにもチーム全員で焦れるなと声をかけていた。最後まで焦れずに攻撃できたので、あまり焦りはなかった」という。

中2日で迎える第2戦では、初戦でフランスに4-1で大勝したメキシコと対戦する。堂安は「まだまだ始まったばかりだけど、短期決戦だと思うので、ここから勢いに乗って、チームに貢献できるように頑張りたい」と意気込んだ。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加