南沙良、Vaundy『融解sink』MVに出演 「大興奮と緊張でフリーズしました」

南沙良、Vaundy『融解sink』MVに出演 「大興奮と緊張でフリーズしました」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/02/24
No image

(©︎岩澤高雄/The VOICE MANAGEMENT)

24日、女優の南沙良が、Vaundyの2021年第1弾配信シングル『融解sink』のミュージックビデオに出演することが発表された。

■幻想的な美しい世界観

同作は、CM、MV、ショートフィルムを中心に活動する映像作家の横堀光範氏が監督を務め、実写とCGを駆使し制作。

癖になる天性の声とティーンを中心にファンダムを急速に拡大中のVaundyの現実と夢を行き来するような、幻想的な美しい世界観で彩られた楽曲となっている。

関連記事:南沙良、『NYLON JAPAN』3月号で紐解かれる「オンリーワンに輝く理由」

■現役大学生のマルチアーティスト

Vaundyは、作詞、作曲、アレンジを全て自分でこなし、デザインや映像もディレクション、セルフプロデュースする、現役大学生20歳のマルチアーティストだ。

2019年春頃からYouTubeに楽曲を投稿し始め活動を開始。『東京フラッシュ』『不可幸力』など、耳に残るメロディーに幅広いジャンルの楽曲を発表すると瞬く間にSNSで話題に。現在YouTube、サブスクリプションでトータル3億回再生を突破し注目されている。

■注目の若手女優

No image

南は、2002年生まれの18歳。2018年7月公開の初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で、報知映画賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を受賞。

本年度は、現在放送中の土曜ドラマ『六畳間のピアノマン』(NHK)だけでなく、3月5日公開の映画『太陽は動かない』、4月2日全国公開の映画『ゾッキ』、4月15日よりNetflixにて全世界同時配信のNetflix映画『彼女』などに出演する。

さらに、2022年放送の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)への出演も控える、今大注目の若手女優だ。

■「大興奮と緊張でフリーズ」

以前からVaundyの楽曲をよく聴いていた南。今回のオファーを受け「大興奮と緊張でフリーズしました」とコメント。また、「水中での撮影は初めてでとても新鮮で、また、カルチャーという共通言語での話題では、沢山の刺激を受けました」と語った。

完成したMVを観て「美しい映像と世界観に引き込まれ、歌詞と歌声とリズム、そして視覚の融解がしっくり馴染む感覚でした」と感想も述べている。

■深い優しさを美しい映像に

横堀監督は、自分達の生活の中にたくさんの痛みや悲しみ、苦しみがあると前置きし、同曲を聴いたとき「それらを全部包み込んでくれて、世界にはまだ知らないたくさんの可能性があるんだよと、教えてくれるような深い優しさを感じました」と説明。

そして「そんな深い優しさを美しい映像にしたいと思いました」と制作した想いを述べ「たくさんの方にこの音楽と映像が届いたら幸せです」とコメントした。

・合わせて読みたい→南沙良、第58回「宣伝会議賞」新イメージキャラクターに決定

(文/しらべぇ編集部・maitama

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加