かまいたち・山内健司、2月に肩の手術へ 3年前に肩を強打し腱がバッサリ切れていた

かまいたち・山内健司、2月に肩の手術へ 3年前に肩を強打し腱がバッサリ切れていた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/13

お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司(39)が12日放送のフジテレビ系「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(火曜後10・15)に出演し、2月に肩の手術をすることを明かした。

No image

お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司

山内は3年前に転んだ拍子に肩を強打。その時の衝撃で肩を痛め、3年経った今でも痛いという。いろいろと病院を訪れたが異常なしという診断。そこで、プロボクシングの元世界3階級王者・長谷川穂積氏(40)の紹介で肩専門の病院で検査。すると肩の腱が切れていたことが判明した。

そのケガに対して相方の濱家隆一(37)は「初耳やなぁ」とポツリ。山内は「2月に肩の手術しようと思って勝手に3日間オフ取りました」と報告。すると共演者からは「それは言った方がいい」という声があがった。山内は「言うと『この時期に?』ってなるから。勝手にオフ取ろうと思って」と語った。

医師からは「肩を覆っている部位の中の腱がバッサリ切れてます」と言われ「よく肩が上がりますね」と驚かれたという。この言葉を聞いた濱家は「早く行った方がいいんじゃない」と心配した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加