にじさんじ新ユニット「Nornis」インタビュー 町田ちま&戌亥とこ&朝日南アカネに聞く、それぞれの“歌”と関係性

にじさんじ新ユニット「Nornis」インタビュー 町田ちま&戌亥とこ&朝日南アカネに聞く、それぞれの“歌”と関係性

  • Real Sound
  • 更新日:2022/06/23
No image

Nornis(ノルニス)

Rain DropsやChroNoiR、ROF-MAOなど、ユニットでの楽曲リリースが活発なにじさんじから、このたび新たなユニットとして「Nornis」が活動を開始する。メンバーは町田ちま・戌亥とこ・朝日南アカネの3人。これまで個人での音楽活動も行っていた3人が、ユニットとして活動するにあたっての心境とは?

今回は結成の経緯やそれぞれが思う他メンバーの印象、ユニットが形作られてから現在にいたるまでの関係性の変化やユニットとしての理想像までを、存分に語ってもらった。(リアルサウンドテック編集部)

【画像】ユニット衣装に身を包んだ町田ちま&戌亥とこ&朝日南アカネ

ーー今回、Nornis(読み:ノルニス)という3人組ユニットとして町田ちまさん、戌亥とこさん、朝日南アカネさんの3人で活動することになりました。結成の経緯をお話できる範囲でうかがえればと思います。

戌亥:ある日、急に運営さんからお話が出てきたんよね?

町田:そうですよね。スタッフさんから「この3人でいきましょう!」という熱いメッセージが届きまして。そこがキッカケでした。

朝日南:はい、そうでしたね。

戌亥:それっていつやったっけ? めちゃくちゃ前ではないんよね。

朝日南:たしか今年に入ってから……だったと思います。

ーーお三方はこれまでソロ楽曲をリリースしてきましたが、今回ユニットとしてデビューすると聞いたとき、率直にどういった感想を抱きましたか。

戌亥:わたしは自分の歌に協調性がないと思っているので、「一緒に歌って、2人の歌の邪魔にならへんかな……」というのを最初は考えてしまいました。そういう心境もあって、「ほんまに大丈夫ですか? わたしで」という心配のほうが大きかったんですけど、一方でやってみたいなという気持ちも膨らんでいきました。とはいえ、率直な感想としては「なぜ!?」というのが一番でしたね(笑)。

町田:普段ひとりで歌うことが多かったので、純粋に「この3人で歌ったらどうなるのか?」という楽しみが強かったです。それでも、とこちゃんと同じく「なぜ!?」とはなりましたが(笑)。

朝日南:わたしも「なぜ!?」とは思っていました(笑)。

戌亥:全員やん(笑)。

朝日南:ははは(笑)。お話を聞いてからは、正直頭が真っ白だったんですよ。なので「コレ!」と当てはまるような感情はあまり無くて「理解が追い付いていない!」という気持ちが強かったんです。でも段々と、この3人で何かできることが楽しみだなと思えるようになってきました。

ーーたしかに意外な組み合わせですよね。3人はそれぞれ、ほかの2人についてどのような印象をもっていましたか?

町田:歌の印象しか町田は話せないんですけど、とこちゃんは抑揚のつけ方とピッチの安定感が神なんですよ。

戌亥:あらっ(照)?

町田:……あらっ?

全員:(笑)

町田:収録するときも町田の前にとこちゃんがレコーディングをしていたんですけど、安定感がスゴイし、高音も低音もカバーしていて、ほんとに尊敬しています。

戌亥:えっ……そんなこと言ってもらえるつもりでここに来てへんのに……(照)。

町田:あと、とこちゃんはメンタルコーチなんですよ。3人のグループチャットで基本的にやりとりをしているんですけど、収録が終わったあとに「ここ全然うまく歌えなかった」「すごい録り直しちゃった」って落ち込んだら、「いや町田、めっちゃ歌うまいよ。大丈夫だよ」って褒めて励ましてくれたり。

朝日南:そのやり取り、覚えてます!

戌亥:それは、ホンマにうまかったから伝えたんやで。

町田:人の良いところを見つけるのが上手だなと改めて思いました。

ーー朝日南さんについてはいかがでしょう?

町田:アカネちゃんは、デビューしてから2か月くらい経ったあと、すぐにあたしに声をかけてくれていたんです。DMで「応援してます!」と連絡してくれて、とても嬉しかったんですよ。歌に関しては、歌ってみた動画をめちゃくちゃ出していてすごいし、声がキレイだし、歌詞の意味をくみ取った歌い分けが非常にうまいなと思ってました。ああ、褒め褒めタイムになっちゃった(笑)。

ーー朝日南さんはお2人についてどうでしょう?

朝日南:まず共通して言えるのが、お2人とも「優しくて頼れるお姉さん」という印象が強いんです。とこ先輩はデビューした最初のころ、配信機材関係で助けてもらったことがあるんですよ。

戌亥:あー! あったあった!

朝日南:その時から優しい方だと思っていたんですけど、いまこうして一緒に動いているときも、意見が言い出せないんじゃないか?と気遣って話をふってもらっているので、勝手に心の中で「おねえさーん!」って呼んでます(笑)。歌もほんとにすごくうまくて。とこ先輩はオリジナル感というか、自分の歌にするのがとてもうまい。そこは自分にはない部分なので、とても勉強になっています。

ーー町田さんについてはどうですか。

朝日南:ちま先輩も、とこ先輩と同じようにわたしが意見を言い出せないかを気遣っていただいているのと、以前から歌ってみた動画や配信でコラボさせていただいていることもあって、わたしにとっては素直な気持ちを話しやすい方ですね。歌に関してはピッチの正確さもそうですが、高音の出し方や伸びも尊敬しています。わたしは高音が苦手なので、これを機に学びたいなと。

町田:アカネちゃんも綺麗だよ!

朝日南:いや、そんなほんと……ありがとうございます(照)。

ーー戌亥さんから見て、ほかのお2人はどうでしょう?

戌亥:えー……ご覧の通りです!(笑)

ーー照れているところ申し訳ないのですが、具体的にお話しいただけると嬉しいです(笑)。

戌亥:ちまはんは、おそらくだいぶ人見知りなんですけど、時間が経っていって徐々に馴れてきたときの変化がかわいいんですよ。収録が終わって話をしていたときに、「町田可愛い」と言ったら「先輩やぞ!」と先輩風を急に吹かせてきてくれたりと、この関係性に馴れてくれていることがうれしくなったりしました(笑)。

朝日南:かわいい(笑)。

戌亥:ちまはんの歌唱は、独特な歌声と世界観をもっていると思っていたし、あたしには絶対に踏み入れられへん場所、真似はできひんところだと思っています。今後の収録のときは、全部張り付いて最後まで見ていようかなと。毎テイク、別の歌い方とパターンが聴けるのは役得だなと思ってるので。

町田:いやぁ、帰ってください……(笑)。

戌亥:アカネはんは、第一印象は礼儀正しい子って感じ、いまはそこにストイックというのがプラスされてますね。収録前から「どういう風に歌えばいいんだろう?」「どういう風にニュアンスを出せば一番いいだろう?」とすごく考えているんですよ。ワンテイク録るたびに悩んではって、「めちゃくちゃストイックやな」と。普段の歌動画を見ているので、あの完成度の高さはこのストイックさから来ているんだなと思えましたね。

ーーお三方が今後活動を通じてアドバイスを伺いに行ったり、壁にぶつかったときにアドバイスを求めたりしたい方はいますか?

戌亥:いまのところユニットとして2人との壁を感じる部分が全然なくて、わりとスムーズにやり取りもできているので想像しづらいですね。でも、個人的に壁にぶつかって悩んだら同期の2人(アンジュ・カトリーナ、リゼ・ヘルエスタ)に相談するかも。

町田:私は、SEEDs2期……飛鳥ひな、舞元啓介にジョー・力一といった面々に声をかけますかね。でも町田も別に、この3人で意見がぶつかるようなことはないような気がしているので、相談することもなく、頑張ってやっていければと思ってます。

朝日南:わたしの性格上、だれかになにかを相談をするというのをあまりしないので、マネージャーさんとかになりますね。あとは先輩や同期となると、世怜音女学院のみんなや、仲良くさせてもらっている空星きらめさんなどですかね。

ーーありがとうございます。まだ3人で動き出してから日は浅いかと思うのですが、3人の中でも方向性をバチっと示したり、普段の作業や会話のなかでもまとめ役になったりするようなリーダー的立ち位置にいるかたはいますか?

戌亥:そういえばリーダーってハッキリと決まってへんな……だれやろ?

町田:うーん……とこちゃんかな?

朝日南:わたしもとこ先輩だと思います。

戌亥:えっ!?  あたし!? メンタルコーチやから?(笑)

町田:いろいろ的確に指摘してくれるし!(笑)。

ーーお2人の動向を見守ったり、言葉をかけたりする姿をこうして伺い知ると、まとめ役的な役割を担っているのはたしかに戌亥さんかなと思います。

戌亥:そうなんですかね? たしかに2人ともまろやかな人間やから、「大丈夫かな?」「どれがいい?」と毎回聞きにいったり、気にかけたりはしますけど。

ーーここからは、今回リリースされるシングル「Abyssal Zone (読み:アビサル ゾーン)」についてお伺いできればと思います。どんな形で収録が進んでいったんでしょう?

朝日南:3人がいっしょに集まることはなかったですけど、リレーするような感じで収録していきましたね。トップバッターはわたしから始まって、とこ先輩、ちま先輩と順々に進んでいきました。

ーー「Abyssal Zone」という言葉は直訳すると「深海帯」という意味で、光の届かない深海の中でもさらに深い層を指す言葉ですが、3人はどのようなイメージでこの歌詞を捉えていましたか?

町田:歌詞はミステリアスな印象を受けました。歌う時には、聞き手のかたに「綺麗だけども怖さみたいなものを感じてほしい」と思って収録に臨みましたね。

戌亥:歌詞自体が世界観をしっかりと表していたものだったので、抽象的でわかりづらいということは全然なくて。ハッキリとしたワードが出てくるから、世界観がわからずに想像の部分で補おうというのはなかったですね。

朝日南:わたしもとこ先輩が仰ったことと同じく、ハッキリとした言葉が多かったので、人魚姫の物語みたいなのをイメージしやすかったかなと。歌う時には、儚さ、気高さ、静けさ、みたいなところを表現できればいいなと思ってました。

ーーこれまでにじさんじを通じてリリースされた曲だと、ギター・ベース・ドラム・キーボードがあるバンドサウンドとか、アイドルっぽい曲調であったりとか、明るくて疾走感ある楽曲が多かったと思うんです。そういった中でこの曲は、弦楽器がかなり重要なポジションを担っていて、ベースやドラムも最小限にしか使われていないトラックですね。最初にこの曲を聞いた時の印象はどうでしたか。

朝日南:最初聞いたときは「かっこいいなぁ!」という印象ですね。最後に向かっていくにつれてグワァーっと広がっていくドラマティックな曲で、この曲を3人でどう歌っていくんだろう?と楽しみになりました。

町田:一言でいうなら「カッコイイ! 海賊みたい!」って感じです。

戌亥:わかる!(笑)あたしは洋画とか映画っぽくて壮大でゴージャスだなと思ったのと、イントロがミステリアスで「何が来るんやろ?」っていうワクワク感がすごいなと。ボーカルも3人いるからいい感じで歌えるな!と思いました。

ーーイントロ部分だけ聞いていると、たしかに洋画の予告PVで流れているタイプの曲に聞こえますね。

戌亥:そうそう! ホンマにそんな感じですよね。

ーーこの曲の歌割りは3人で決められたんでしょうか?

戌亥:いえ、実はこの曲は3人いったん全部録っていて、それを後ほどパズルみたいにバラバラに組み合わせてもらっているんです。

ーーつまり、3人それぞれで1本分のソロバージョンがあるということですか?

戌亥:そうですね。

ーーそれを踏まえて、「ここは難しかった」という部分と「このパートが好き」という部分を教えてください。通常の女性ボーカル曲としてはかなり高音が多い印象があります。

町田:ラスサビの高音が歌っていて楽しいし、難しかったですね。今回は英詞バージョンも録っているんですけど、ラスト部分の英詞がとても詰まっていて個人的に発音しづらくて……20テイクくらいやり直したのかな? いちばん最後の収録でよかったなと思いました。

ーー戌亥さんが励ました理由も納得できますね……。

町田:本当にありがたかったですね。好きなのは、Cメロの落ち着いた感じからラスサビの広がっていくような壮大さ。ぜひ何回もリピートして聴いてもらえたらうれしいです。

戌亥:この曲、ぜんぶ難しくて。受け取った瞬間は「うわー!カッコイイー!ゴージャスー!」っていうテンションやったんですけど、歌ってみたら、「えっ……むずっ……」となって(笑)。英語の発音も普段から喋ってるわけでもないから発音しづらかったし、聞きなじみのない英単語も出てきて、総じて難しかったです。でもやっぱりラストのサビ部分は聴きどころなので、何度も聴いてほしいですね。

朝日南:お2人と同じく英語の発音は難しかったですし、高音パートがとても多かったのも難関でした。カッコよく決まればいいなと思えるポイントが多い曲でもあるので、そこをどう表現するかが難しくて、もどかしさも感じましたね。でも「難しいからこそ歌えたときの楽しさ」を味わうこともできました。聴きどころは、お2人が仰るようにラストのサビ部分ですので、ぜひ聴いてもらえればと思います。

ーー今後3人で活動することも多くなるとは思いますが、「Nornis」としての、またはライバー個人としてイメージしている理想像・目標などはありますか?

朝日南:「Nornis」としてこれから本格的に活動していくので、まだ驚きや楽しみな気持ちが強くて、目標や理想像は具体的な言葉で表せないですが、いまの気持ちは3人でしかできないことがしたいと思っています。わたし個人の活動としては、色んな方々の応援やマネージャーさんの支えがあってこういったチャンスをいただいているので、とこ先輩やちま先輩のお2人が歌唱するような素敵な歌を、応援してくれているみなさんに届けていきたいです。

町田:ユニットとしての目標というと、せっかくこうして英詞を頑張って歌おうとしているので、日本のリスナーだけじゃなくて海外のリスナーの人にも存在を知ってもらって、応援していただけるように頑張りたいです。個人としても、英語がやっぱり苦手なので、英語の歌唱をもっと強化できれば良いなととても思っています。

戌亥:個人的にはNornisがVTuberを知らない人々や音楽を好きな方々にも広まっていければ嬉しいなと思ってます。たとえば、外で買い物をしているときにたまたま流れていて「あ、聴いたことある!」みたいになれれば良いなと。

個人の目標としては、ソロでのセカンドライブをやりたいですし、ソロアルバムも出せれば嬉しいですし、長生きもしたいなと思います。いまはウン100歳なんですけど、もう少し……いま生きている人間の方よりは長生きしたいですね(笑)。

(取材・文=草野虹)

草野虹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加