篠塚・木原の10代ペア 世界卓球代表対決で敗れるも「パリ五輪を本気でめざしたい」【全日本卓球 混合ダブルス】

篠塚・木原の10代ペア 世界卓球代表対決で敗れるも「パリ五輪を本気でめざしたい」【全日本卓球 混合ダブルス】

  • テレビ東京卓球NEWS
  • 更新日:2023/01/25
No image

2023年全日本卓球選手権大会<1月23~29日/東京体育館> 25日、混合ダブルス準々決勝で篠塚大登(愛知工業大)/木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)が張本智和(IMG)/早田ひな(日本生命)にゲームカウント0-3で敗れた。

19歳と18歳の10代ペアは歴戦の前回王者に及ばずも、2023年は世界卓球出場ペアとして、その力を大舞台で見せることとなる。

<全日本卓球選手権 混合ダブルス準々決勝>
張本智和/早田ひな 3-0 篠塚大登/木原美悠
13-11/11-9/11-4

■篠塚大登・木原美悠 試合後インタビュー

──率直な感想をお願いします

篠塚:けっこう対策してきて、何本かはいいプレーがあったんですけど、1、2ゲーム目を接戦で取り切れなかったので。どっちか取れていたら、また変わってたんじゃないかなと。

──どんな対策でしたか

篠塚:サーブレシーブで崩そうとして、前半はよかったんですけど、途中から効かなくなってきたときに、自分たちがやることがなくなってしまったので。そこは足りないところかなと思います。

──試合で学べたところは

木原:トップ選手との差は、接戦でどれだけ自分のプレーを出せるか。不利なときでも、どれだけ一本多く返せるかがすごく大事なので、そこに少し差を感じました。

篠塚:サーブが効いているんですけど、途中でまたちょっと違うサーブとかがあれば、ゲームも取れたかなと思ったので、もうひと工夫くらい必要だと感じました。

──2人のペアの感覚はどうでしたか?

木原:感覚は、めっちゃいいです。あまり組んでない割に、久しぶりのような感じはしない。ずっと組んでるような感じ。

篠塚:はい、最高です。

──ペアとしての目標を

篠塚:昨日LINEしていて「木原選手がパリ五輪に行きたい」と言っていたので。同じ気持ちでしたけど、自分より強い意志を持っていたので、自分も本気でめざしていきたいと思います。

木原:オリンピックは一組しか出られないので。本当にそこだけをめざして今後の全日本、世界選手権、それぞれの大会で格上の選手に勝って、もっともっと成長していきたいです。

──パリの前に世界選手権があります

篠塚:まずは世界選手権が次の大会なんで、そこでメダルを持って帰れるように、もっと練習してがんばっていきたいです。

木原:いろんな国のペアが強いので、自分たちのいいところをしっかり出して、メダルを持って帰りたいです。

──今大会、明日以降はシングルスもありますね

木原:あと2種目残っているので、後悔のないプレーをしてメダルを獲りたいです。

篠塚:もちろんパリ五輪に行きたいんですけど、あまり(選考)ポイントのことは気にせずに、シングルスは思い切ってプレーしたいと思います。

No image

テレビ東京

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加