西武 接戦制し連敗阻止 松本が6回1失点で5勝目 最後は増田が1点差ヒヤリもリード守る

西武 接戦制し連敗阻止 松本が6回1失点で5勝目 最後は増田が1点差ヒヤリもリード守る

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇パ・リーグ 西武3―2オリックス(2020年10月18日 メットライフD)

No image

<西・オ>力投する松本航(撮影・尾崎 有希)

西武は3―2と接戦でオリックスを下し、2連敗を阻止した。

西武打線は2回、6番・外崎、7番・中村の連打などで2死満塁とし、1番・金子が左前2点適時打で先制。さらに、2番・源田も左前適時打を放った。

投げては先発の松本が6回4安打1失点の好投で今季5勝目(5敗)を挙げた。7回からは、いずれも防御率1点台の森脇、平良、増田の「勝利の方程式」。9回に増田が1点を失い、なおも1死一、三塁とヒヤリとする場面もあったが、後続を抑えて勝利につなげた。

オリックスはドラフト1位左腕・宮城が先発し、プロ2度目の登板。6回3失点と力投したが、プロ初勝利とはならなかった。打線は9回に1点差に迫ったがあと一歩及ばず、2連勝を逃した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加