任命問題でトップ会談 双方とも“あえて”触れず?

任命問題でトップ会談 双方とも“あえて”触れず?

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/10/16
No image

動画を見る(元記事へ)

日本学術会議の任命拒否問題を巡り、16日に「大きな動き」がありました。菅総理大臣と学術会議の梶田会長が午後に総理官邸で会談を行いました。16日の会談で、政府と学術会議側で「妥協点」は見つかったのでしょうか。国会記者会館から報告です。

(政治部・柴戸美佐子記者報告)
午後に加藤官房長官が記者会見したのですが、「共通の目標を持って進めていくためのスタートだ」と述べるにとどめました。焦点となっていたのは6人の任命の問題ですが、このことに関しては梶田会長も菅総理もあえて突っ込むことを避けたという印象を持っています。一方で、梶田会長は「会議の今後の在り方について意見交換した」とも話していました。これは、とりもなおさず菅総理側の関心事項です。菅総理自身は周辺に「学術会議は改革する点がある」と話していて、菅総理としては学術会議側に一定程度、釘を刺した格好です。16日の時点では妥協点こそ見いだせませんでしたが、学術会議の在り方を巡っては、政府や与党から「国費を入れる必要はない」という声も上がっているので、会議の民営化なども含めて政府側と会議側の駆け引きが続くことになります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加