阪神・サンズが4号2ラン!バックスクリーン左への特大弾で新人左腕・伊藤将を援護

阪神・サンズが4号2ラン!バックスクリーン左への特大弾で新人左腕・伊藤将を援護

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

5回、サンズは中越えに2ランを放ち、ベンチでナインに迎えられる(撮影・坂部計介)

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場)

阪神が五回、サンズの4号2ランで大きくリードを広げた。

4-1と3点リードの五回。先頭の大山が左前打でチャンスメークした。5番・サンズはカウント2-2から桜井が投じた真ん中の直球をフルスイング。完璧にとらえた打球は高々と舞い上がり、バックスクリーン左に運ばれた。

3月28日のヤクルト戦以来となるアーチ。これでリードを5点差に広げ、初勝利を目指すドラフト2位・伊藤将(JR東日本)を助っ人のバットが援護した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加