今年ベスト「67」鮮やかブルーウエア原英莉花「冷静にプレーしたい」

今年ベスト「67」鮮やかブルーウエア原英莉花「冷静にプレーしたい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

Vサインする原英莉花(撮影・清水貴仁)

<国内女子ゴルフツアー:宮里藍サントリー・レディース>◇第2日◇11日◇兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)◇賞金総額1億5000万円(優勝2700万円)◇無観客開催

黄金世代の原英莉花(22=日本通運)が21年のツアーベストスコア67を出し、通算6アンダーにスコアを伸ばした。今大会2位以上に与えられるメジャー・AIG全英女子オープン(8月19日開幕、英国カーヌスティーGL)出場権奪取へ、昨年12月JLPGAツアー選手権以来のツアー通算4勝目へ、好位置で折り返した。

「ショットが良かった。取りこぼしがいくつかあったのは悔しいけど、いい流れでプレーできました」。

首位と7打差39位から出て、前半11番の15ヤードチップインからの3連続など6バーディーを奪い、ボギーは1個に抑えた。

67は今年最高で、昨年12月のツアー選手権第1ラウンドで出して以来のビッグスコアだ。「あの時は“戦ってる”という気持ちの相乗効果もあって67でした。純粋にゴルフの内容に限れば、今日の67の方が上かもしれません」。昨年末の全米女子オープンで通算19オーバーと大たたきして152位で予選落ち。リベンジの思いを胸に臨んだ4月ANAインスピレーションも通算9オーバー、113位で予選落ち。メジャーでたたきのめされた。再出発の意識で、自分のゴルフを再び作り直してきた。

この日のウエアは上下とも鮮やかなブルーでまとめた。用具使用契約先ミズノのカラー。「水と生きる」とうたう大会主催者サントリーのイメージとも重なる。「周りに“ミズノのバッグ”みたいと言われたり“サントリーさんですか?”と聞かれた」と笑うが、真意は「冷静にプレーしたいと思って」-。今大会2位までなら、AIG全英女子オープン出場権が手にできる。大会前「すごく意識してます」と公言した思いを抑え、熱くならないようにと思って、選んだ。

前週に同じ尾崎将司門下の笹生優花が全米女子オープン優勝の快挙を成し遂げた。いつか自分も意識するだけに、モチベーションは上がる。

首位争いを引っ張るのは“現在最強”の稲見。「今年の開幕戦で一緒に回った時、思いました。“モネ、ちょっとすごい”って。自分もオフにはしっかりやったつもりだったけど…。体も大きくなって、ショット音が違った。一目見てわかった。強いなって」。残り2日。メジャー切符をつかむため、稲見を止めて優勝を飾るために、原がギアを上げていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加