『Dr.STONE』のBoichiが描く“火拳のエース”の半生! スピンオフ漫画『ONE PIECE episode A(エース)』が連載スタート

『Dr.STONE』のBoichiが描く“火拳のエース”の半生! スピンオフ漫画『ONE PIECE episode A(エース)』が連載スタート

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2020/09/16
No image

『ONE PIECE episode A(エース)』第1話カラー見開き扉ページ©尾田栄一郎・Boichi・石山諒/集英社

『ONE PIECE』を100倍面白く読むためのカルチャーマガジン『ONE PIECE magazine』の最新10号が、2020年9月16日(水)に発売。絶大な人気を誇るキャラクター・エースを主人公としたコミカライズ『ONE PIECE episode A(エース)』の連載がスタートした。

同作は『ONE PIECE』において初となる、本格的なストーリーのスピンオフ漫画だ。コミカライズの原案となるのは、ひなたしょう氏と浜崎達也に氏よるノベライズ『ONE PIECE novel A(エース)』。「スペード海賊団」結成からのエースの半生を描いた小説が、新たに『episode A』として漫画の世界へと生まれ変わる。

No image

『ONE PIECE episode A(エース)』第1話 冒頭ページ©尾田栄一郎・Boichi・石山諒/集英社

ネーム構成は漫画家の石山諒氏が手がけ、作画は『週刊少年ジャンプ』で『Dr.STONE』を連載中の漫画家・Boichi氏が担当。圧倒的な画力によって、知られざるエースの物語が描き出されていく。連載第1話はカラー3ページを含む54ページの大ボリュームとなっており、物語はノベライズ版のオリジナルキャラ「マスクド・デュース」の独白から幕を開ける。

No image

『ONE PIECE magazine Vol.10』(原著:尾田栄一郎/集英社)©尾田栄一郎/集英社

その他にも同誌では、「再読のススメ」と題した特集を66ページにわたって展開。普通に読んでいるだけでは気づきにくい「物語の謎を解くヒント」が紹介されているため、クライマックスに向けた“予習と復習”にはぴったりだ。

特集内の「RE:ONE PIECE チェックリスト」では、「冒険の夜明け」から「ワノ国編」に至るまでの物語に隠されたヒントを紹介。さらに「未解決ファイル」として、今後のストーリーに大きく関わってくるであろう“4つの謎”についても解説されている。

また「ONE PIECE NOTE collection ~初期構想編~」では、作品初期の構想が詰まった尾田栄一郎による秘蔵の設定ノートを公開。第1話や冒険序盤の元となったプロットや「麦わらの一味」の初期スケッチなど、初公開のものを含む情報が惜しげもなく披露されている。ノートを眺めることで、連載開始までの試行錯誤を追体験できるだろう。

「分析して見るONE PIECE ルフィ バトルレポート」では、15億ベリーの賞金首「モンキー・D・ルフィ」の実力を大分析。ロブ・ルッチやドンキホーテ・ドフラミンゴ、シャーロット・カタクリといった強敵との対戦シーンを一つずつ紐解きながら、ルフィの戦い方や強さを詳細に振り返っていく。

全ての『ONE PIECE』ファンに愛されるルフィの兄貴分・エース。コミカライズをチェックして、その“熱い”生き様を見届けよう。

『ONE PIECE』と“お笑い第7世代”EXIT、ミキのコラボが実現! 次元を超えた漫才に「最高にオモロかった!」とファン大興奮

ダ・ヴィンチニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加