AKB小栗有以、リメーク版「パパとムスメの7日間」で主人公の親友役「盛り上げていきたい」

AKB小栗有以、リメーク版「パパとムスメの7日間」で主人公の親友役「盛り上げていきたい」

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/06/23
No image

TBSドラマ「パパとムスメの7日間」に出演が決まったAKB48小栗有以

AKB48小栗有以(20)が、7月26日開始のTBSドラマ「パパとムスメの7日間」(火曜深夜0時58分)に出演することが23日、明らかになった。主演の飯沼愛演じる親友役を演じる。

同作は五十嵐貴久氏の同名小説を原作に、07年に同局系で舘ひろしと新垣結衣のタッグで人気を博した作品。15年ぶりに令和版「パパとムスメの7日間」として復活した今回の作品で、小栗は飯沼が演じる女子高生・小梅の親友で幼なじみの中山律子役を演じる。いつも明るく元気で、友達も多い、クラスの“1軍女子”で、サッカー部のマネジャーを務めるキラキラ女子高生役だ。物語では、松本怜生演じる交際相手の小関とともに、親友を応援しつつ、時には波乱の展開を起こす役柄という。

小栗は「大人気ドラマのリメーク版に出演できることをとても光栄に思います。律子は小梅の大親友で、恋の発展を一番に応援している明るい性格の女の子。ストーリーにも多く関係してくる重要な役を演じさせていただくということで、しっかり律子としてこの作品を盛り上げていきたいと思います! 皆様の心に残るような作品にしていきたいと思いますので楽しみにしていてください!」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加