秋野暢子 食道がんを告知された時の率直な思い告白「動揺したりとか、私はなかった」

秋野暢子 食道がんを告知された時の率直な思い告白「動揺したりとか、私はなかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2023/01/30

食道がん闘病を公表し、7カ月ぶりに活動を再開させた女優の秋野暢子(66)が25日、テレビ朝日「大下容子ワイド!スクランブル」(月~金曜前10・25)にVTR出演。食道がんの告知を受けた時の素直な思いを明かした。

No image

秋野暢子

キャスターの大下容子アナウンサーからのインタビューを受けた秋野。昨年6月に受けた内視鏡検査でがんが発見された。診断はステージ3の頸部食道がんなど5つの重複がんだった。

一昨年12月に喉の違和感を感じてから半年。告知を受けた時の思いを聞かれた秋野は「よくテレビドラマとかで“頭が真っ白になって先生のおっしゃることがよく聞こえない”っていう設定があるけど、そういうのになるのかなと思っていたら、“どうやって治すの?”“どうやれば治るんだろう?っていう発想にいった」と回顧。「がんだと言われて動揺したりとか、私はなかった」と当初から前向きな思いだったことを明かした。

秋野は昨年6月に受けた検査でがんが発見され、翌月のブログで「頸部食道がん【喉と食道に大小あわせて5個】ステージ3」と発表。化学放射線療法による治療を続け、内視鏡手術を受けた同11月には「当初見つかった5個のがんが無くなりました」となどと報告していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加