櫻井翔、嵐ライブの松本潤は「プレイングマネージャー」照れる様子も暴露

櫻井翔、嵐ライブの松本潤は「プレイングマネージャー」照れる様子も暴露

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/09/15
No image

映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』ジャパンプレミアが15日に都内で行われ、櫻井翔、堤幸彦監督が登場、MCを有働由美子アナウンサーが務めた。

櫻井翔、嵐の結成日にライブ映画告知もテイク2!? デビュー日と大野智誕生日に公開

同作は、2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡り、計50公演、1ツアーとして、日本史上最大の累計237万5千人の動員を記録した、嵐20周年のツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」のライブフィルム。1日限りで開催したシューティング・ライブの様子を堤幸彦監督ら錚々たるスタッフが撮影した。

櫻井は同作について「2年前のコンサートなんですが、とにかくあの時の皆の熱気や我々の思いを真空パックのように落とし込みたいと思っていました。今、その真空パックを開いても時の流れを感じずに楽しんでいただける作品になったんじゃないのかなと思っているところです」と感慨深い様子。「僕たちが上を通る映像とか、まるで客席にいるように体感できる」と映像を讃え、「通常のDVD、ブルーレイ作品と大きく違うのは、今回撮影のために集まってもらったこと」と、スタッフや観客の一体感、また通常観客の視界を優先するために置けない場所にまでカメラが入り込んでいることを明かした。

撮影には第一線のスタッフが集結したため「映画やテレビの撮影が止まる」とささやかれていたそうで、堤監督は「125人のカメラマンに加え、アシスタント、調整する人も含めると本当に何百人という映画やテレビ撮影の中心人物が東京ドームに集まっちゃったということで、そういう世界にしてみればえらい迷惑ですね」と苦笑。櫻井は「監督が粋だったが、過去に僕らと仕事したスタッフを集めていただいたことで、僕で言うと『ヤッターマン』のカメラマンさんが来てくれたり、あたたかく撮影できました」と感謝した。

長年のつきあいとなる嵐について、堤監督は「日本で一番のアーティスト、しかも自分で考えながら動くアーティストの最高峰というのはありつつも、松本くんで言えば14歳くらいの時に犬を連れてとぼとぼやってくるような役(『僕らの勇気 未満都市』)からやってもらって、『ピカ☆ンチ 』と青春まっただ中の頃も撮らせていただいて、親戚の人たちがすごく立派になったなという感じ。全然遠い感じとかもない」と感覚を表す。

櫻井は「何より松本潤が精魂を込めて作ったコンサート、細かいところにこだわったコンサートなので、ぜひ嵐のコンサートに触れたことがない方にもたくさん来ていただきたいな」と期待。松本については「今年最初に会ったのが、2人でこの作品を見るところだったんです。最後にエンドロールで『Directed by Jun Matsumoto』と上がってきて、コンサート作品の監督が松本だというクレジットだったんですけど、ものすごく恥ずかしがってました」と明かす。「『いいじゃん、かっこいいじゃん。めちゃめちゃかっこいいよ!』『ええ、なんか恥ずかしい』『事実だよ、いいんだよ』と言いながら」と振り返り、「なんだかむずかゆいんですかね。ちょっとこっぱずかしいのかもしれないけど、メンバーとしては誇らしい気持ちになりました」と笑顔を見せた。

堤監督も松本について「精魂込めてなんてもんじゃない。リハーサルでは2階の1番遠いところから1人でずっと見て、色々メモってはスタッフに伝えたり、本当に演出家としても学ぶべきところが多いなあっていうぐらいしっかり演出されてました」と絶賛。櫻井は「プレイングマネージャー状態ですもんね。そんな松本が作ったコンサートという作品をずっとお世話になってきた堤監督に作っていただいたというところが、胸が熱くなる作品です」と改めて胸の内を語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加