深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/06/23
No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

17日、蓮塘口岸を起点とする深圳東部越境高速道路。(パノラマ写真、小型無人機から、深圳=新華社記者/劉大偉)

【新華社深圳6月23日】中国鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄四局が建設を請け負う深圳東部越境高速道路はこのほど、半分以上の区間が完成した。広東省深圳市と香港特別行政区を結ぶルートにおいて、深圳東部では蓮塘口岸(通関地)、西部では深圳湾口岸から出入境する「東進東出、西進西出」の仕組みを構築する上で重要な柱となっている。

No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

17日、蓮塘口岸を起点とする深圳東部越境高速道路。(小型無人機から、深圳=新華社記者/劉大偉)

同高速道路は蓮塘口岸から金銭坳インターチェンジ(IC)までの全長32.2キロで通行は無料。途中で深汕(深圳市-汕頭市)、恵塩(恵州市-塩田港)の両高速道路と接続する。開通後、香港・内地間の交通と物流が一層円滑になり、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)に新たな黄金ルートが誕生することになる。

No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

17日、深圳東部越境高速道路にある梧桐IC。(小型無人機から、深圳=新華社記者/劉大偉)

No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

蓮塘口岸の夜景。(2021年8月31日撮影、小型無人機から、深圳=新華社配信)

No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

17日、蓮塘口岸から入境し、深圳東部越境高速道路を走行するトラック。(小型無人機から、深圳=新華社記者/劉大偉)

No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

17日、建設が進む深圳東部越境高速道路の站前路高架橋。(小型無人機から、深圳=新華社記者/劉大偉)

No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

17日、建設が進む深圳東部越境高速道路の簡竜IC。(小型無人機から、深圳=新華社記者/劉大偉)

No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

17日、深圳東部越境高速道路の建設現場で働く作業員。(深圳=新華社記者/劉大偉)

No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

17日、深圳蓮塘口岸で出入境検査部門と税関による共同検査を受けるトラック。(深圳=新華社記者/劉大偉)

No image

深圳・香港間で東部越境ルートの建設が加速

17日、深圳蓮塘口岸で新型コロナウイルス対策のクローズドループ管理を受けるトラック。(深圳=新華社記者/劉大偉)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加