『崩壊:スターレイル』リリース後10日間の世界収益は約140億円。『原神』リリース時の同期間を約28億円上回る結果に

『崩壊:スターレイル』リリース後10日間の世界収益は約140億円。『原神』リリース時の同期間を約28億円上回る結果に

  • ファミ通.com
  • 更新日:2023/05/26

Sensor Towerは、2023年4月26日にHoYoverseよりリリースされたRPG『崩壊:スターレイル』が配信開始から10日間で世界収益1億ドルを達成したことを発表。市場別の収益シェアは、1位が中国で44%、2位が日本で22%、3位がアメリカで12%となっている。

この記事の画像(4枚)を見る

『崩壊:スターレイル』をApp Storeでダウンロード

『崩壊:スターレイル』をGoogle Playでダウンロード

『崩壊:スターレイル』をダウンロード(Epic Games Store)

No image

本作では、プレイヤーが“星核”が体内に埋められた若者“開拓者”として、個性豊かな仲間たちとともに“星穹列車”に乗車。銀河中を冒険しながら星核に苦しむ惑星の人々をさまざまな形で助けていく、壮大なスペースファンタジーRPGとなっている。戦略やパーティ編成が重要となるターン制のバトルシステムを採用しているのが、大きな特徴だ。

対応機種はスマートフォン(iOS/Android)、PC(Epic Gamesストア)。また、プレイステーション5、プレイステーション4版の配信も予定されている。

関連記事『原神』のHoYoverseによる新作『崩壊:スターレイル』事前登録開始。宇宙に広がる未知の世界を冒険するスペースファンタジーRPG2023年2月10日、HoYoverseは、スマートフォン、PC向けスペースファンタジーRPG『崩壊:スターレイル』の事前登録を開始した。関連記事『崩壊:スターレイル』本日(4/26)配信! HoYoverseの新作RPG、個性的なキャラクターたちをいち早く一挙紹介2023年4月26日に正式サービスを開始する『崩壊:スターレイル』。本記事では、『崩壊:スターレイル』に登場するキャラクターの特徴や能力をまとめて紹介していく。

No image

Sensor Towerの報告によると、本作の世界収益は2023年4月26日から5月5日までの10日間で1億ドル(日本円にして約140億円)を達成。また、HoYoverseの2023年1月1日~5月5日における世界のモバイルゲーム別収益シェアと見ると、同作は『原神』に次ぐ2位となっている。『崩壊:スターレイル』は対象集計期間が10日間であることを考えると、リリース直後から高水準の収益を上げていると考えられる。

No image

また、『崩壊:スターレイル』の好スタートはランキングにも反映されている。世界の収益シェアTop5の各市場におけるApp Storeのトップ収益ランキングで上位を独占していることが明らかになった。

No image

同社のタイトルである『原神』のリリース10日間(2020年9月28日から10月7日の期間)のデータを比較すると、日本における収益は、2,100万ドル以上。一方、『崩壊:スターレイル』のリリース10日間の日本における収益は、2,100万ドル以上となり、『原神』と同水準ことが分かる。

しかし、これを世界の収益で比較してみると、『原神』が8,100万ドル以上、『崩壊:スターレイル』が1億ドル以上ということが判明。リリースから10日間の収益比較では『原神』を2,000万ドル(日本円にして約28億円)近く上回る勢いとなっている数字になっている。

報告では、好発進の要因として、大型プロモーション展開が挙げられている。そのひとつが星穹列車が地球各地を旅する特別企画“星穹列車地球ツアー”だ。同企画は上海、ニューヨーク、ソウル、バンコクなど世界各地で実施され、日本では2023年5月1日~5月5日に“スターレイル渋谷停車”として実施。イベントに参加することで星玉×50と交換できるギフトがプレゼントされた。

なお、日本でのプロモーションとしては、2023年5月27日からは秩父鉄道のコラボ企画“SL崩壊スターレイルエクスプレス”の実施が予定されている。こちらでは、SL崩壊スターレイルエクスプレスの運行に加え、乗車するとコラボ乗車記念証とグッズのプレゼントが告知されている。

(C) COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

ファミ通.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加