京都橘の万能型ストライカー西野太陽が徳島内定を勝ち取るまで――。「もっと高いレベルでプレーした方が成長できる」

京都橘の万能型ストライカー西野太陽が徳島内定を勝ち取るまで――。「もっと高いレベルでプレーした方が成長できる」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/09/15
No image

高いレベルでのプレーを求め進学した京都橘で、技術に加えメンタル面も大きく向上した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

高さとスピードを兼ね備えた万能型ストライカーが、来シーズン徳島でプロの扉を叩く。(C)KYOTO TACHIBA F.C.

京都橘高は9月14日、来年度からのJ2・徳島ヴォルティスに加入が内定しているFW西野太陽(3年)の記者会見を行なった。オンラインで行なわれた会見には、同校の安田文彦校長、米澤一成監督とともに、徳島の谷池洋平強化部長が出席。入団に至った経緯、プロ入り後の抱負などを口にした。

西野は180センチ近い身長とスピードを兼ね備えたストライカーで、ゴール前でのアイデアやディフェンスラインとの駆け引きから裏への抜け出し、ゴールネットを揺らすのが持ち味だ。

元々徳島県の出身で、小学生時代から全国大会に度々出場するなど地元では知られた存在で、より高いレベルでプレーしたいという気持ちを常に抱えていた。小学校6年生の夏には、田宮ビクトリーの一員として全日本少年サッカー大会に出場した際、セレッソ大阪U-12と対戦した。

「全然やれるなと思ったのと同時に、細かい部分の差が大きいなと感じた。自分の厳しい環境に飛び込んだら、もっと成長できるんじゃないかと感じた」

チームメイトだったMF近藤蔵波(現・C大阪U-18)が中学に上がるタイミングで県外へと飛び出したのも刺激となり、自身も関西のチームを希望したが、熟慮の末に地元・徳島ジュニアユースでのプレーを選択した。しかし、中学2年生と3年生で挑んだ全国大会で関東クラブのジュニアユースと対戦し、改めて年代トップレベルとの差を痛感させられた。
「自分の通用する部分と通用しない部分がはっきり分かってきたタイミングで、もっと高いレベルでプレーした方が成長できる、課題も更に見つかってプレーの幅が広がると思った」

ユースへの昇格も果たせたが、日常から全国トップレベルの場で自身を磨きたい。そう考えた西野の第一候補として挙がったのは、小学5年生の頃にテレビで観た京都橘だった。

「選手権の決勝で、仙頭啓矢選手(横浜F・マリノス)と小屋松知哉選手(サガン鳥栖)のプレーを初めて見て、面白いサッカーをしていると思った。ここでやってみたいと思った」

以前は京都橘にも県外の生徒を受け入れるサッカー部専用の寮があったが、西野が入学する前年に廃止。「中学に上がるタイミングでは(県外でのプレーが)実現できなかったから、高校からは想いを叶えてあげようと思った」と振り返る母・洋子さんとともに京都に引っ越してまで、憧れだった京都橘でのプレーを決心した。
京都橘での日々を過ごすうち、従来から備えていた裏への抜け出しや膝下の振り、スピードを持ってタイミングよくスペースへ抜け出す動きが向上。また、苦手としていた中央の狭い場所でボールを受ける動きも改善が見られ、今では密集でも相手に捕まらずフリーでボールを引き出せるようになった。何より、大きく変わったのはメンタル面で、成長を間近に見てきた両親はこう口にする。

「チームメイトとか周りのことを考えて行動したり、プレーできるようになった。心技体すべてにおいて成長が見られたと思います」(洋子さん)
「高校に入ってから物事の考え方が変わり、しっかり自分の意見を言えるようになった」(父・彰一さん)

アカデミー出身ということもあり、入学当初から西野をマークしていた徳島は、高校2年生の夏に練習へと呼び寄せ、獲得の意思を固めた。8月11日に入団内定が決まってからは夏休みを利用し、長期の練習参加も経験した。

「昨年練習参加した時と比べ、スピードや判断力での成長を感じた。ドリブルを仕掛けてシュートを打つ場面や、シュートのアイデアも増えた」
徳島には、今季リーグ戦で7ゴールを奪うFW垣田裕暉やMF杉森考起など、実力派のアタッカーが多く、勉強になることが多かったという。とくに垣田にはトラップやポストプレー、ゴール前で心掛けていることなど、点取り屋としての極意を教わった。

また、京都橘に進学してからも欠かさず試合をチェックするほど徳島愛が強い西野にとって、幼少期から見てきた選手とボールを追い掛けるのも刺激になっている。今年で徳島在籍9年目を迎えるFW佐藤晃大は憧れの存在で、練習参加した際はランニングをする佐藤にずっと並走し、プロで活躍するためのアドバイスを貰った。

「まだまだ伸びしろもあって、身体ももう一回り大きくなると思うので、海外でも十分通用する選手になってくれないかなと期待しています」(米澤監督)

監督の言葉からも分かる通り、さらなる成長を遂げる余地は十分にある。偉大な先輩たちに揉まれながらも、佐藤のように徳島の象徴と呼ばれる存在になれるか注目だ。

取材・文●森田将義(サッカーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加