ソフト女子・藤田倭が五輪へ“二刀流”アピール 延期も前向き「積み重ねるチャンス」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/21

群馬県内で合宿中のソフトボール女子日本代表が20日、オンライン取材に応じた。投手と打者の二つの顔を持つ藤田倭(やまと、29)=太陽誘電=は、五輪代表入りに向け「武器である“二刀流”をしっかりアピールしていく」と意気込んだ。

金メダル獲得が期待される東京五輪の延期は「やってきたことをまた積み重ねるチャンス」。コロナ禍でリーグ戦も前半がなくなったが、「ピッチングをする時間がすごくできた」と今まで以上に集中した練習を行った。

五輪では現在20人の代表が15人に絞られる。投手と打者、どちらに重きを置くのか聞かれると「どっちがメインかはあまりない。両方ともいいバランスでできるのが自分」と投打の活躍を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加