明治大学、青山学院大学に快勝。次戦は今季初の有観客試合で難敵・筑波大学と対戦。ラグビー関東大学対抗戦

明治大学、青山学院大学に快勝。次戦は今季初の有観客試合で難敵・筑波大学と対戦。ラグビー関東大学対抗戦

  • J SPORTS
  • 更新日:2020/10/16

ラグビー関東大学対抗戦立教大学との開幕戦を制した明治大学。10月11日(日)、連勝を目指し、ホーム・八幡山グラウンドで青山学院大学と対戦した。

昨年度は63-12で快勝した相手だが、今年度の青学大は初戦で早稲田大学相手に24-47と善戦。素早いセットのディフェンスで早稲田大に簡単にトライをさせなかった。

しかし、明大のアタックは見事にそのディフェンスを打ち砕き、82-10と快勝。

試合開始から流れを一切離さなかった。「テーマはゲインラインを切っていくこと」(左WTB/ウイング石川貴大・政経4=報徳学園)。個人個人が縦への強い意識を持って攻め続け、得点を重ねた。

試合は開始2分で青学大に先制トライを許してしまう。しかし、すぐに流れを取り戻す。4分、キックカウンターからFB(フルバック)石田吉平(文2=常翔学園)がラインブレーク。フォローに入ったSH(スクラムハーフ)飯沼蓮(営3=日川)がグラウンディング、すぐさま同点に追いつく。

このトライを皮切りに、一気に流れに乗った。10分に右PR(プロップ)大賀宗志(営2=報徳学園)が勝ち越しトライを決めると、13分には右FL(フランカー)繁松哲大(政経4=札幌山の手)が追加のトライ。

「FW(フォワード)がトライを取ってくれて、外が余ってきてBK(バックス)で取るという流れを作れた」(石川)。その後は石川の2トライを含め、4連続トライ。前半だけで7トライを奪い、41-5で折り返す。

後半に入っても明治の攻撃は緩まない。1分に石田のラインブレークからフェイズを重ねると、最後は左サイドで左FL福田陸人(法3=国学院栃木)がトライ。

さらに、その後はリザーブの選手が台頭した。16分にはSO(スタンドオフ)池戸将太郎(政経1=東海大相模)からパスを受けた廣瀬雄也(商1=東福岡)が右サイドを駆け上がり、そのままトライ。

No image

32分には為房慶次朗(商1=常翔学園)もグラウンディング。対抗戦デビューの1年生2人が初トライを決める活躍を見せる。後半も7トライを奪い、82-10で青学大を下した。

この試合、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出されたのは福田。今季から新たに定位置をつかんだ。キックオフボールのキャッチからのキャリーなどチームで1番体を張り続けた。

No image

「いつもチームに貢献してくれる選手」(NO8/ナンバーエイト箸本龍雅主将・商4=東福岡)。主将からの信頼も厚く、今季明大のFWを引っ張っていく存在になっていくだろう。

快勝した明大だが、決して現状には満足していない。「細かいミスが多くて、テンポが悪い場面もあった」(飯沼)。アタックの精度にはまだまだ改善の余地があり、次戦に向けての課題も得られた試合となった。

次戦は前半戦のヤマ場を迎える。18日(日)、連勝の明大が迎え撃つは筑波大学。昨年度は大学選手権に出場すると、5年ぶりにベスト8に進出した名門だ。昨年度は59-33と勝利したものの、対抗戦での最多失点を喫している。

今年度は初戦で慶應義塾大学を退けている筑波大。先週は強豪・帝京大学と対戦した。最終スコアは17-54と大きく開いてしまったが、前半だけ見れば17-28。帝京大相手に一歩も引かない勝負を見せた。

警戒すべきは岡崎航大主将を中心とする強力BK陣だ。昨年度の対抗戦でも明治からトライを奪っている、ユニバーシアード7人制代表にも選ばれたFB松永貫太、WTB仁熊秀斗。下級生では慶應義塾大学で2トライを奪う活躍みせたWTB植村陽彦のランにも注意が必要だ。

帝京大学戦では出場がなかったものの、ルーキーのCTB(センター) 谷山隼大もハイボールに強く、明治の脅威となるだろう。

「パニックにならずに対処していきたい」(石川)。カギを握るのはディフェンス。少しでもスペースを与えてしまえば、BK陣が狙ってくる。強豪相手にどこまで失点を抑えられるかに注目だ。

「いかに一戦一戦経験を積んで、修正できるかがとても重要」(飯沼)。対抗戦、勝負の11月に向け、どれだけ成長できるか。今シーズン初の有観客試合で、明治の躍動を見せつけたい。

文:田中佑太/写真:上松凜助(明大スポーツ新聞部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加