最高1日12番組に出演!“人が良すぎるスーパーの店主”秋葉さんに「真の第7世代を見た」と反響

最高1日12番組に出演!“人が良すぎるスーパーの店主”秋葉さんに「真の第7世代を見た」と反響

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2021/03/02
No image

若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)が、2月22日に放送。この日は、“度を超えて人が良すぎるせいで、年間300本以上ニュースのインタビューを受けているスーパーの店主”ことスーパーアキダイの社長・秋葉弘道さんが登場し、インターネット上では「真の第7世代を見た」と話題になった。

【動画】『激レアさんを連れてきた。』の最新回を視聴する

同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。この日は客員研究員として水原希子、カズレーザー(メイプル超合金)が出演した。

2020年のテレビ出演本数は約300本の秋葉さんは、昨年大活躍したフワちゃん(330回)やぺこぱ(309回)に匹敵する出演回数で、多い日は1日12番組、1か月間で最高65回も出演していたという。ある日のテレビ出演スケジュールを表示すると、うち7番組がTBSだったことから、カズレーザーが「TBSが秋葉さんに頼りすぎじゃないですか?」とツッコミ。秋葉さんは「受ける番組、受けない番組があると、自分が逆の立場なら嫌なので気づいたら全て受けるように」と、取材を断る選択肢はないと返答した。

しかも、出演は全てノーギャラであることが説明されると、「人に道を聞かれてお金を請求する人はいないですよね? まぁそういうことです」と発言。するとカズレーザーが「人を傷つけない笑いってこれだったんですね。これが本当の第7世代なんですね」とコメントした。最後に若林がラベリングしたのは「2021年テレビの天下を取る人」。若林は「もっと増えると思うんだよね、出演が」と期待を込めた。

ネット上では「第7世代のとにかくやさしいアキバさんおもしろかった~ 」「秋葉社長面白すぎて涙出てきた」「TBSがアキバさんに頼りすぎww」「人を傷つけない本当の第7世代の笑い」「ギャラが無い事は驚いたけど、広告宣伝費として見たら凄い事になってる」「1年で300本ってほぼぺこぱと一緒なのウケるw」「真の第7世代を見た」などの反響が寄せられた。

次回3月1日の放送には、“才能が無いのに、25年間ひたすら卓球だけをやり続けていたら35歳で奇跡を起こしちゃった人”と“奥さんのヒモ状態になっているのにラテアートに夢中になってしまい、結果、世界大会で優勝しちゃった人”が登場する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加