共働き夫婦の“家事分担”どうしてる? 円満を保つ「6つのコツ」

共働き夫婦の“家事分担”どうしてる? 円満を保つ「6つのコツ」

  • コクハク
  • 更新日:2022/09/23

家事って、細かいものを挙げたら本当にキリがないほどたくさんありますよね。最近では共働きの家庭も増えているので、今までのように妻ばかりに家事が集中してしまっては、夫婦関係も悪くなってしまいます。でも、男性に家事を頼むと余計ケンカの種になるケースも……。今回は、円満な夫婦の家事分担のコツをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

効率的でスムーズ! 共働き夫婦の円満な家事分担のコツ4つ

家事は無数にあるため、分担する際に迷う人もいるでしょう。分担する際には、4つのコツを意識するとスムーズで効率的に家事を分けられますよ。

「僕が離婚を決めた理由は…」妻が大嫌いな夫たちの証言3選

1. 家事分担を「表」にして見える化する

No image

何をやるべきかわかりやすい(写真:iStock)

まずは、日常や定期的な家事を表にして、お互いの負担を見える化してみましょう。家事を負担することに消極的だった夫も、細かい家事まで書き出せば負担の偏りに気持ちも変わるでしょう。

負担が均等になるようにまずは見える化をして表にすると、分担作業もスムーズに行えます。

2. 得意不得意に合わせる

家事を分担する際は、得意不得意に合わせて選ぶようにしましょう。少しでもストレスなくできる家事を選んだほうが長続きします。

両方が苦手でやりたくない家事は、定期的に担当を交代すると不満も発生しにくくなるのでおすすめです。

3. 時間帯で考える

No image

朝ごはんは夫の担当(写真:iStock)

家事を分担する際には、時間帯も意識してみてください。朝の出勤時間や帰宅時間、仕事のスケジュールなどを考えて、無理のない家事を担当できるといいですね。

仕事の予定が不定期な場合は、先ほどご紹介した家事分担表にマグネットや付箋などつけて、臨機応変に変更するといいでしょう。

4.「メインの家事」と「名も無い家事」を分ける

No image

洗濯して終わりじゃないんです(写真:iStock)

家事には、料理や洗濯、洗い物などの毎日行う「メインの家事」のほかに、テーブルを拭く、シャンプーを補充する、スポンジを交換するなどの細かい「名も無い家事」が無数にあります。

名も無い家事は、分担するまでもない小さなものだからこそ、家事に慣れている妻に負担が行きがち。まずは、メインの家事をしっかり分担したら、名も無い家事もできる範囲で分担できるといいですね。

ケンカしてしまう人は…夫婦の家事分担で苛立たないコツ

上手に家事分担ができても、ほとんどの家庭で妻のほうが家事に慣れているため、こだわりからつい夫に口出ししてしまう人も多いでしょう。ぜひ、苛立たないコツも参考にしてみてください。

1. 相手のやり方を尊重する

No image

それぞれのやりやすい方法で(写真:iStock)

不慣れな家事を一生懸命やっているのに、ダメ出しばかりしていたら男性はやる気を完全に失くしてしまいます。難しいかもしれませんが、担当が決まったら口出ししたくなるのをぐっとこらえて、相手のやり方を尊重しましょう。

そして、9割は褒め言葉で機嫌良くなってもらってから「できたらここをこうするといいかも」と優しく伝えると、案外素直に直してくれるかもしれません。

2. ほかの家庭と比べない

No image

険悪な雰囲気に…(写真:iStock)

ほかの家庭と比べるのも、男性のやる気を奪うNG行動です。ただでさえ、男性は「ほかの男性に負けたくない」という気持ちが強い生き物。

どんなに家事が上手な知り合い男性がいたとしても、今夫がしてくれている家事に常に感謝を伝えることが、夫婦円満な家事分担のコツです。

夫婦円満な家事分担のコツは「見える化」と「尊重」

No image

一緒にやればもっと楽しいかも♪(写真:iStock)

多くの夫婦が、家事分担で喧嘩をしているように思います。でも、家事の見える化で負担を明確にすれば、まず夫の意識が変わるでしょう。そして、相手の家事のやり方を尊重して、褒めながら伸ばすことで、日常生活がもっと楽に楽しくなるはずです! まずは小さな一歩から始めてみませんか。

(恋バナ調査隊/ライター女子部)

恋バナ調査隊

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加