阪神大山2戦連続適時打「将司がすごく粘り強く投げていた」ルーキー援護

阪神大山2戦連続適時打「将司がすごく粘り強く投げていた」ルーキー援護

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

阪神対巨人 6回裏阪神2死一塁、左翼線に適時二塁打を放つ大山(撮影・前田充)

<阪神7-1巨人>◇7日◇甲子園

阪神4番大山悠輔内野手が2戦連続適時打を放った。6回2死一塁から三塁線を鋭く破る二塁打。

「(伊藤)将司がすごく粘り強く投げていたし、打つことができてよかった。(一塁走者の)チカ(近本)もよく走ってくれた」と、ルーキーを援護した。試合前に矢野監督から「1点ではなく幅を持って打て」と助言を受け、5回の左前打と合わせて2戦連続、今季3度のマルチ安打で応えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加