大谷翔平出るか10号 最速ずくめの2ケタ弾、5月到達は松井秀喜超え

大谷翔平出るか10号 最速ずくめの2ケタ弾、5月到達は松井秀喜超え

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/08
No image

エンゼルス大谷翔平(20年2月撮影)

<エンゼルス-レイズ>◇4日(日本時間5日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス大谷翔平投手(26)が4日(日本時間5日午前10時38分開始予定)のレイズ戦で、今季10号本塁打を狙う。3日(同4日)に9号2ランをマーク。再び両リーグの本塁打王争いでトップタイに躍り出るなど、打撃好調をキープしている。

大谷は前日まで出場27試合、110打席で9本塁打。過去のシーズン10号の日本人最速は、19年に自身が記録した出場44試合、180打席目で、試合数、打席数ともに数字を更新する。19年の大谷は、前年にトミー・ジョン手術を受けた影響もあり初出場が5月7日と出遅れ、10号到達は6月27日。到達日の日本人最速は04年松井秀喜(ヤンキース)の6月4日で、5月までに10号到達すると日本人初めてになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加