「東京喰種」石田スイや「SSB」慎本真も! YouTuberとしても活躍するマンガ家4選

「東京喰種」石田スイや「SSB」慎本真も! YouTuberとしても活躍するマンガ家4選

  • アニメ!アニメ!
  • 更新日:2020/09/22
No image

「東京喰種トーキョーグール」(C)石田スイ/集英社・東京喰種製作委員会

昨今では声優、お笑い芸人、アイドルなど、さまざまな芸能人YouTuberが急増中。ゲーム実況、読み聞かせ、料理……多種多様に動画をアップしています。

そして芸能人に限らず、クリエイターであるマンガ家もYouTubeに進出中。普段は聞けない・見れない作画風景や制作秘話を垣間見ることができます。
今回はマンガ家をピックアップしてご紹介します。

『東京喰種』石田スイ

No image

『東京喰種トーキョーグール』シリーズで知られる石田スイ先生。2020年12月3日に任天堂より発売されるゲーム『ジャックジャンヌ』の原作・キャラクターデザインも担当しています。チャンネル名は「うん郎」。

投稿は少ないですが、2時間~6時間にわたる作画過程を公開。雑談を交えながら、ラフ、線画、着彩まで仕上げています。作画が見れてうれしい、石田先生の声が聞けて感動といったファンの声でコメントが溢れています。

『南国パプワくん』柴田亜美

『南国パプワくん』『ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場』などを手掛けた柴田亜美先生。「柴田亜美のアーミンワールド」というチャンネル名で7月14日にYouTubeデビューを果たしました。
「柴田亜美 初心に戻ってドラクエ4コマを描く!!」の動画では、原点であるドラクエ4コマを描いてスクウェア・エニックスを訪問したり、そのほかゲーム実況やクッキングにもチャレンジしています。

『SSB -超青春姉弟s』慎本真

慎本真先生は「マンガPark」(白泉社)、「なかよし」(講談社)などで活躍中のマンガ家。2013年には「SSB -超青春姉弟s-」がアニメ化されています。

「SS manga diary-慎本 真-」チャンネルでは、初心者向けに「体の描き方」や「目の描き方」をレクチャー。また、アシスタントのエスくんとともにイラスト対決企画も行っており、作画も見れて企画性もある動画を配信しています。

『ブルーピリオド』山口つばさ

山口つばさ先生は、「月刊アフタヌーン」(講談社)にて美術大学受験をテーマにした青春マンガ『ブルーピリオド』を連載中。「マンガ大賞2020」も受賞したほか、最近ではブルボン「アルフォートミニチョコレート」とコラボしたCMも公開されました。

チャンネルでは、「漫画家と学生が同じセリフで漫画描いたらどうなる?」という、学生とマンガ家による企画や、お絵かきチャットを配信。動画には、『BEASTARS(ビースターズ)』の板垣巴留先生、『魔法使いの嫁』ヤマザキコレ先生、『天地創造デザイン部』鈴木ツタ先生、たら子先生などが登場しています。

マンガ雑誌のチャンネルも!

マンガ家自身によるチャンネルではなく、雑誌のチャンネルに登場してる場面もあります。

週間少年サンデーTVでは、『うる星やつら』『犬夜叉』などを生んだレジェンド・高橋留美子先生の作画映像&インタビューが。

週間少年マガジンのチャンネルでは、『五等分の花嫁』の春場ねぎ先生の作画&インタビュー動画も公開されていました。

ぜひ、マンガ好きな方は先生による貴重な作画やインタビューをご覧になってみてはいかがでしょうか。

スーサイド・モモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加