『Fallout 76』バトロワモードが2021年9月に終了―同モードのプレイヤー数減少を受けて【UPDATE】

『Fallout 76』バトロワモードが2021年9月に終了―同モードのプレイヤー数減少を受けて【UPDATE】

  • Game Spark
  • 更新日:2021/06/11
No image

『Fallout 76』バトロワモードが2021年9月に終了―同モードのプレイヤー数減少を受けて【UPDATE】

もっと画像を見る

ベセスダ・ソフトワークスは、オンラインRPG『Fallout 76』に搭載されていたバトルロイヤルモード「Nuclear Winter」を2021年9月に終了すると発表しました。

「Nuclear Winter」は、最大52人のプレイヤーがVault 51の監督官の座をかけて死闘を繰り広げるバトルロイヤルモード。当初は多くのユーザーから好評でしたが、次第に同モードをプレイするユーザーは他のモードをプレイするようになり、満員状態でのマッチングが難しくなったそうです。そして、アドベンチャーモードのコンテンツも作り続ける中で、同モード用にアップデートを用意することが困難になったといいます。

また同社は「終了の判断は難しいもので、決して安易に行ったわけではありません。私たちは現在も、元Vault居住者同士の戦いを求めているプレイヤーのために、PvPの機会を提供しようと取り組んでいる最中です。『Fallout 76』のさらなる楽しみ方については、今年中に計画の詳細をお知らせいたします」と新たなPvPコンテンツの追加を予告しました。

これまで同モードをプレイしてきた人には埋め合わせとしてPerkコインを贈呈する予定です。このコインは、アドベンチャーモードのレジェンダリーPerkをアップグレードする際に使用するもの。各キャラクターは達成した監督官ランクごとに6枚、最大600枚のコインを受け取れ、さらに獲得した監督官チケットごとにPerkコイン1枚、最大で200枚のコインを獲得。同モードを1マッチでも完了したプレイヤーは、「Nuclear Winter」をモチーフにしたC.A.M.P.用ペナントを獲得できるとのことです。

ただ、監督官ランクアップ時に獲得できる様々な報酬については別の入手方法も用意するとしていますが、Vaultボーイ像などの一部アイテムは、今後も獲得できたプレイヤーだけの限定アイテムになるそうです。この件についての詳細はこちらページをご覧ください。

なお現在、本作はE3の開催を記念してフリープレイウィークを開催中。6月16日(北米時間)までの期間中、フルゲームを無料でプレイできます。

※UPDATE(2021/6/11 19:00):誤解を招く表現であったため、タイトルを修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

真ゲマ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加