“夏本番”を前にリニューアル 生まれ変わった金太郎温泉 竣工式 富山・魚津市

“夏本番”を前にリニューアル 生まれ変わった金太郎温泉 竣工式 富山・魚津市

  • チューリップテレビ
  • 更新日:2022/06/23

創業57年の魚津市にある老舗温泉旅館が、夏の書き入れ時を前に生まれ変わりました。コロナ禍で加速した顧客ニーズの変化に対応することが目的で、ターゲットを大きく変えています。

改修工事を終え、新しく生まれ変わった金太郎温泉。昭和40年創業の老舗温泉旅館です。

100パーセント源泉掛け流し。「金太郎のように元気になれる温泉」として長年愛されてきました。

記者:
「昔ながらの重厚感、雰囲気は残しつつ、こちらの新しくなったラウンジでは広々とした空間が広がっています」

新たにつくられたステイ・ラウンジ。空間を広く使い、座席の間隔も十分に確保したほか、テレワークにも対応できるようこちらの長机はワーキングスペースとしても活用できます。

金太郎温泉では、新型コロナの影響で以前は年間8万5000人程度だった利用客が
4分の1以下にまで落ち込みました。

浦崎 将寿 支配人:
「コロナ禍で非常に大変な目にあった。1番ひどいときは本当にからっぽになりました。予約を受け付けているのに0人っていう日も」

当初は営業の継続を最優先になんとか耐え忍ぶ覚悟でしたが、国の補助金6000万円を得て、自己資金とあわせた総額1億5000万円のリニューアルを決意。ターゲットを団体客から少人数の個人客へとシフトし、これまでとは一味違った旅館に生まれ変わりました。

浦崎 将寿 支配人:
「いいのか悪いのか、金太郎温泉じゃないみたいというお声を頂戴しております」

「ギフトショップ・北前船(きたまえぶね)」は富山の名産品を揃えたセレクトショップ。

北前船で運ばれた羅臼昆布(らうすこんぶ)などの海産物や厳選された富山の名品が並びます。

以前の売店と比べると、この通り。団体客向けの大きなお菓子やギフトではなく、友人や家族へのお土産、自分へのご褒美になるような商品を取り揃えています。

記者:
「こちら食事会場なんですが、新たに個室を設け、少人数や個人客がゆったりと楽しめる空間となっています」

畳の宴会場は個人客向けの専用ダイニングに変わっています。

浦崎 将寿 支配人:
「家族、夫婦、カップル、個人でゆっくりしたいなというお客様にぜひ来ていただきまして、ファンになっていただいて、また行きたい、ぜひ勧めてみたいと思ってもらえる宿になれるように頑張ってまいります」

少人数で安全に。新・金太郎温泉は、この時代に選ばれる旅館を目指します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加