社会人女子野球2選手が投手&捕手で始球式、内角へズバッとストライク

社会人女子野球2選手が投手&捕手で始球式、内角へズバッとストライク

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

広島対DeNA 始球式で投げるはつかいちサンブレイズの岩谷美里監督兼選手(撮影・加藤孝規)

<広島-DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

広島の廿日市市を拠点にする社会人女子野球チームの「はつかいちサンプレイズ」の岩谷美里監督兼選手と、西山小春選手の2人が、DeNA24回戦の始球式に登場した。岩谷選手が投手、西山選手が捕手を務め、内角寄りにストライクボールをズバッと決めた。

この日は「好きじゃけん女子野球広島!」と題し、マツダスタジアムでは女子野球のPR活動を実施。はつかいちサンブレイズを始め、MSH医療専門学校、佐伯高校、山陽高校、中学野球のブレイブガールズ広島、広島レディース、女子軟式チームの広島レッズが球場に招待された。レフト側コンコースでは「バッティングチャレンジコーナー」や紹介ブースなどで、女子野球選手自らが参加して普及活動を行った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加