建築家が手がけた、空間ごと味わうカフェ。|トラフ建築設計事務所〈アライズコーヒー パッタナー〉

建築家が手がけた、空間ごと味わうカフェ。|トラフ建築設計事務所〈アライズコーヒー パッタナー〉

  • カーサ ブルータス
  • 更新日:2022/08/06

August 6, 2022 | Architecture, Design, Food | photo_Kenya Abe text_Hikari Torisawa illustration_Yoshifumi Takeda

洗練された意匠やくつろぎを生むインテリア、美しい眺望……。コーヒーや食事だけでなく、空間ごと堪能できる建築家が手がけたカフェで、いつもと違う非日常のひとときを。

No image

吹き抜けで繋がる1、2階を結ぶ大階段。

人の流れも心地よいシームレスな場所。
築58年の倉庫を改修した〈TOKYOBIKE TOKYO〉1階の入口横に立つコーヒースタンド。「コンパクトな作りですが、2階へ続く大階段でゆったりコーヒーを飲むこともできます。コーヒー、自転車、植物を扱うテナントがひとつところに共生する、様々な目的を持つ人を受け入れる大らかな空間を構想しました。

No image

歩いて数分の距離にあるロースターで自家焙煎した豆を使ったコーヒーに、パンやチョコレートも販売。道路に面したファサードの窓からも購入できる。

カウンターには艶と耐久性があり、物販用のカラフルな雑貨も映えるダークグレーの型枠用コンパネを使用。背後の壁もあわせてダークグレーに塗装してネオンサインを際立たせました」

No image

トラフ建築設計事務所2004年、鈴野浩一と禿真哉により設立されたユニット。建築設計にとどまらず、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作など建築的思考をベースに活動。代表作に〈港北の住宅〉〈空気の器〉〈TOKYOBIKE TOKYO〉など。

〈アライズコーヒー パッタナー〉2021年7月オープン。13年からこのエリアでスペシャルティコーヒーを提供する専門店のスタンド。●東京都江東区三好3-7-2 TOKYOBIKE TOKYO1F TELなし。8時〜15時30分。月曜休。(TOKYOBIKE TOKYO、The Plant Societyの営業時間、定休日は異なる)。

casabrutus.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加