洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

  • 新華社通信
  • 更新日:2021/11/25
No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

24日、屈原管理区にある「東古湖」湿地の上空を飛ぶコハクチョウの群れ。(岳陽=新華社記者/陳思汗)

【新華社岳陽11月25日】中国の湖南省では11月に入り、約3千羽のコハクチョウが冬を越すために洞庭湖畔に位置する岳陽市屈原管理区の「東古湖」湿地に飛来している。管理区の職員がパトロールしたり、餌を与えたりして渡り鳥の保護に努めており、東古湖湿地は越冬の渡り鳥にとって「天国」となっている。

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

23日、屈原管理区にある「東古湖」湿地の上空を飛ぶコハクチョウの群れ。(岳陽=新華社記者/趙衆志)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

23日、屈原管理区にある「東古湖」湿地の上空を飛ぶコハクチョウ。(岳陽=新華社記者/陳思汗)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

24日、屈原管理区にある「東古湖」湿地の上空を飛ぶコハクチョウ。(岳陽=新華社記者/陳思汗)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

24日、屈原管理区にある「東古湖」湿地の上空を飛ぶコハクチョウの群れ。(岳陽=新華社記者/陳思汗)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

23日、屈原管理区にある「東古湖」湿地で羽を休めるコハクチョウの群れ。(岳陽=新華社記者/陳思汗)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

24日、屈原管理区にある「東古湖」湿地の上空を飛ぶコハクチョウの群れ。(岳陽=新華社記者/趙衆志)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

24日、屈原管理区にある「東古湖」湿地で羽を休めるコハクチョウの群れ。(岳陽=新華社記者/陳思汗)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

23日、屈原管理区にある「東古湖」湿地で羽を休めるコハクチョウ。(岳陽=新華社記者/趙衆志)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

23日、屈原管理区にある「東古湖」湿地で羽を休めるコハクチョウ。(岳陽=新華社記者/陳思汗)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

23日、屈原管理区にある「東古湖」湿地で羽を休めるコハクチョウ。(岳陽=新華社記者/趙衆志)

No image

洞庭湖畔に舞う越冬のコハクチョウ 中国湖南省

23日、屈原管理区にある「東古湖」湿地の水面近くを飛ぶコハクチョウ。(岳陽=新華社記者/陳思汗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加