アラジン、ガラス窓から焼き具合が見えるポップアップトースター

アラジン、ガラス窓から焼き具合が見えるポップアップトースター

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/04/08
No image

日本エー・アイ・シーは、「アラジン グラファイト ポップアップトースター」を、2021年7月5日に発売する。価格は24,400円。カラーはグリーン。

ご飯が炊けるトースターに進化した「アラジン グラファイト グリル&トースター」

同時に発表された「アラジン グラファイト グリル&トースター」と同様、わずか0.2秒で発熱する千石の特許技術「遠赤グラファイト」を採用したポップアップトースター。

日本では珍しいポップアップタイプを採用したのは、海外シェアの拡大を目指して開発された製品だから。アラジンブランドはグローバル展開しており、日本のほか中国、香港、台湾、韓国、アメリカで販売している。2021年4月8日の新製品発表会で、千石 商品戦略部 商品企画課の高橋弘真さんは、「日本を皮切りとして、台湾、アメリカなど各国へと展開していきたい」とコメント。

パンの同時セットは2枚まで。外はカリッと、中は水分が残ったもちもち食感のトーストを焼き上げる。「1」~「7」まである焼き色調節つまみを使って、ほんのりとした焼き色からこんがりきつね色まで、自分好みの焼き上がりに設定可能。食パンのほか、半分にスライスしたベーグルやマフィンなどのトーストも行える。

「トースト」、「冷凍トースト」、「ベーグル」、「あたため」といった4つのモードを搭載。中央・上下に配置された3本のヒーターで焼き分ける。連続して焼いた場合でも焼きムラが出ないように、温度センサーとマイコン制御で焼き時間を自動調整する。

一般的なポップアップトースターと異なり、側面にガラス窓を設置したことで、温かみのある光で焼き上がるトーストの様子を見ることが可能。ガラス窓とトースター下部にあるパンくずトレイは簡単に取り外せるため、手軽にお手入れできる。使わないときには、ほこりよけカバーで上部にフタをして清潔さを保てる。

本体サイズはW400×D215×H235mm、重さは約3.4kg。定格消費電力は1,275W。焼けたパンを取り出すためのトングが付属する。

杉浦志保

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加