『落下の王国』12.8に放送決定!映画天国で

『落下の王国』12.8に放送決定!映画天国で

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/11/20
No image

衣装にも注目! - (C) 2006 Googly Films, LLC. All Rights Reserved.

映画『落下の王国』(2006)が、12月8日の1時59分から日本テレビ「映画天国」(関東ローカル、月曜深夜)で放送される。

ザ・セル』『白雪姫と鏡の女王』などで知られるターセム監督がメガホンをとった本作。ケガを負って自殺を考えているスタントマンが、自殺用の薬を盗み出させるために幼い少女に自作のお話を聞かせ始めたことから、物語が動き出す。

キャストには、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『グッド・シェパード』などのリー・ペイスのほか、カティンカ・ウンタルージャスティン・ワデルダニエル・カルタジローンレオ・ビルマーカス・ウェズリーらが名を連ねている。

本作の見どころの一つは、CGに頼らず20か国以上で撮影された映像で、その美しさは圧巻の一言。また、衣装デザイナーの故・石岡瑛子さんが手がけたユニークかつ華麗な衣装の数々も見逃せない。ちなみに、現在、回顧展「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」が東京都現代美術館で開催中だ(2021年2月14日まで)。(編集部・吉田唯)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加