あしかがフラワーパーク“花と光”のイルミネーションイベント、咲き始めから舞い散るまで花の一生を表現

あしかがフラワーパーク“花と光”のイルミネーションイベント、咲き始めから舞い散るまで花の一生を表現

  • ファッションプレス
  • 更新日:2021/10/14

栃木県・あしかがフラワーパークは、イルミネーションイベント「20th アニバーサリー 光の花の庭~フラワーファンタジー2021~」を2021年10月16日(土)から2022年2月14日(月)まで期間限定で開催する。

No image

日本三大イルミネーション「あしかがフラワーパーク」

さっぽろホワイトイルミネーション、ハウステンボス光の王国とともに、日本三大イルミネーションに数えられるあしかがフラワーパークのイルミネーション。2021年は、20周年のアニバーサリーを祝して、“花と光の芸術作品”をテーマに、フラワーキャッスルを全面リニューアル。500万球を超える光と花の美しい共演を体感することができる。

注目は、花の姿をロマンティックに表現したイルミネーションスポット。大藤の咲き始めから満開、舞い散るまでのストーリーを描きだした「奇蹟の大藤」や、バラをイメージした「光のバラ園~ハピネスガーデン~」、睡蓮の花を再現した「光の睡蓮」などがラインナップする。

「光のふじのはな物語」では、4月中旬から5月中旬にかけて見頃を迎えるうす紅藤、大藤、白藤、きばな藤を4つの光のグラデーションによって、幻想的に表現した。

花のプロが創りあげるカラフルな「光の花手水」は、思わず写真に収めたくなるフォトジェニックな仕上がり。11月下旬までの期間限定での登場なので、訪れた人は要チェックだ。

園内には、「白藤のトンネル」「きばな藤のトンネル」など、歩きながらイルミネーションを楽しめるエリアもあるので、カップルや友人と訪れてゆっくりと鑑賞するのもおすすめだ。

【詳細】

あしかがフラワーパーク「20th アニバーサリー 光の花の庭~フラワーファンタジー2021~」
開催期間:2021年10月16日(土)~2022年2月14日(月)16:30~20:30
※土日祝日は21:00まで。
※12月初旬~1月初旬は平日21:00、土日祝日21:30まで営業予定。
※2021年12月31日(金)のみ休園予定。
場所:あしかがフラワーパーク
住所:栃木県足利市迫間町607
入園料金:大人 1,100円、子供 600円(子供は4歳~小学生まで)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加