東京五輪ケニア陸上代表、自宅で凶器に刺され遺体で見つかる

東京五輪ケニア陸上代表、自宅で凶器に刺され遺体で見つかる

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2021/10/14
No image

2020東京オリンピック

2020東京オリンピック(五輪)陸上女子5000メートル種目に出場して4位を記録したケニア国家代表アグネスジェベト・ティロップが13日(現地時間)、自宅で凶器に刺されて遺体のまま見つかった。

CNNによると、この日ケニア陸上競技連盟(AK)は声明を通じて「ティロップがこの日朝、西部イテンの自宅で遺体で見つかった」と明らかにした。

AKは「ティロップは夫に腹部を刺されたことが疑われる」とし「われわれは彼女の死亡に関連した内容を明らかにするために努力している」と話した。

あわせて「輝くような競技力で国際舞台に彗星のごとく現れた陸上の大物であり宝石を失った」と哀悼した。

ウフル・ケニヤッタ大統領も声明を出して「25歳という若さで祖国に多くのことをもたらしてくれた若く有望なアスリートを失った」とし「非常に不幸で非常に悲しい」と明らかにした。

ケニヤッタ大統領は「2020東京五輪を含めた世界大会で、彼女の業績を通じて光栄を手にした」とし「彼女はケニアチームの一員だった」と話した。

ティロップは今年の東京五輪5000メートル種目にケニア代表として出場し、14分39秒62を記録して4位で決勝ラインを通過した。

先月にはドイツで開かれた女子単一10キロマラソンで従来の記録を19年ぶりに28秒短縮して30分01秒の世界新記録で優勝した。当時ティロップは「世界記録を破ることができてとてもうれしい」とし「ペースが良いと感じた。コースも非常に良かった」という所感を明らかにしていた。

ティロップは2017年と2019年世界陸上選手権大会10000メートル種目で銅メダルを獲得し、2015年には世界クロスカントリー選手権大会で優勝もしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加