【今日のダカールラリー】首位コルネホ棄権 ペテランセルV手中に

【今日のダカールラリー】首位コルネホ棄権 ペテランセルV手中に

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/01/14
No image

ダカールラリー、第10ステージに臨むホンダのホセ・イグナシオ・コルネホ(2021年1月13日撮影)。

【AFP=時事】ダカールラリーは13日、第10ステージが行われ、二輪部門では前日まで総合首位に立っていたホンダのホセ・イグナシオ・コルネホ(チリ)が転倒し、15日の最終日が目前に迫る中でリタイアを余儀なくされた。

「ナチョ」の愛称で知られる26歳のコルネホは、スタートから252キロ地点でクラッシュ。レースを続行してゴールまで走り切ったが、脳振とうの恐れがあるとして大会の医療部門と棄権することで合意し、その後空路で病院に搬送された。

二輪部門では、第9ステージでも2度の総合優勝を誇るKTMのトビー・プライス(オーストラリア)が激しい転倒を喫して鎖骨の手術を強いられており、前日に続き、恐ろしいとされる評判通りの大会となっている。

今ステージはホンダのリッキー・ブラベック(米国)が制し、総合首位に立つチームメートのケビン・ベナバイズ(アルゼンチン)とわずか約50秒差の同2位につけた。

四輪部門では、トヨタのヤジード・アルラジ(サウジアラビア)が区間優勝を果たし、同じくトヨタのナセル・アルアティア(カタール)を2位に抑えた。

ミニの総合首位ステファン・ペテランセル(フランス)は3位でフィニッシュ。総合2位につけるアルアティアとの差は17分となっており、最多14度目の優勝をほぼ手中に収めたと思われる。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加