なにわ男子・高橋恭平主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」新城毅彦監督、舞台上でまさかの“ネタバレ”

なにわ男子・高橋恭平主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」新城毅彦監督、舞台上でまさかの“ネタバレ”

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/26

【モデルプレス=2023/01/25】なにわ男子の高橋恭平が主演を務める映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』(3月3日公開)完成披露試写会が25日に都内で行われ、高橋をはじめ、畑芽育、板垣李光人、莉子、曽田陵介、中島瑠菜、鈴木美羽、新城毅彦監督が登壇。舞台上で新城監督がまさかの“ネタバレ”を繰り広げる場面があった。<※記事内はネタバレを伏せてお届け!>

No image

(写真 : (左から)鈴木美羽、曽田陵介、板垣李光人、高橋恭平、畑芽育、莉子、中島瑠菜、新城毅彦監督(C)モデルプレス)

【関連記事】高橋恭平、ピンク髪にイメチェン

◆高橋恭平主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」

本作は、講談社「月刊デザート」にて連載中、1巻発売直後に異例のスピードで重版がかかり、既刊8巻で230万部を突破した、亜南くじらによる人気コミック『なのに、千輝くんが甘すぎる。』を実写映画化。高橋が主人公・千輝彗、畑がヒロイン・如月真綾を演じ、フレッシュなキャストが集結した胸キュンシーン連続の“女子憧れ度No.1”青春ラブストーリー。

◆新城毅彦監督、舞台上でまさかの“ネタバレ”

これまで、『ただ、君を愛してる』(2006)、『僕の初恋をキミに捧ぐ』(2009)、『ひるなかの流星』(2017年)、『午前0時、キスしに来てよ』(2019年)などを手掛け、「胸キュン映画三巨匠」のひとりとしても名高い新城監督。“片想いごっこ”を描く本作について「両想いになっちゃいけないんですけど、両想いに見えるんですよ。この2人はどのくらい鈍感なのか、ピュアなのかと思うんだけど、そこを言うと身も蓋もない。片想いのほうが楽しい時もある。僕はもう忘れちゃいましたけど」としながら、「最後は…」と結末を突然舞台上でネタバレ。

突然の新城監督からのネタバレにキャストや会場中から笑いが起こり、畑や莉子も「言っちゃった(笑)」と驚き。MCの荘口彰久も「なんで言うんですか!(笑)」と思わずツッコんでいた。

またこの日の舞台上にはレッドカーペットならぬピンクカーペットが敷かれ、ハートの装飾が埋め尽くされるなど“甘すぎる”仕立てに。さらには、完成を祝してハート型の紙吹雪が飛び出すキャノン砲でド派手に祝砲を放つ演出もあった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加