Fitbitに「睡眠プロフィール」 睡眠の質をクマ・イルカなど動物で評価

Fitbitに「睡眠プロフィール」 睡眠の質をクマ・イルカなど動物で評価

  • Impress Watch
  • 更新日:2022/06/23
No image

Fitbitは、有料プラン「Fitbit Premium」の新機能「睡眠プロフィール」の提供を開始した。ユーザーの睡眠パターンを長期にわたり分析する機能で、ユーザーは動物のキャラクターに例えた睡眠データにより、簡単にその傾向を理解できる。

Fitbitが保有する187万件の睡眠記録データを神経科医、睡眠の専門家、研究科学者が分析することで、適切なガイダンスを提供する。睡眠科学に基づき、10項目の主要指標についてユーザーの睡眠データを毎月分析して傾向を算出。自分の年齢層における標準的なデータと比較して、改善の余地があるポイントを把握できる。

ユーザープロフィールに表示される「指標」は、Fitbitの研究チームが分析段階で調べた1,000種類にわたる睡眠の特徴を絞り込んだもの。睡眠スケジュールの変動、熟睡に至るまでの時間、睡眠の乱れなどの新しい指標から、睡眠時間、回復度、レム睡眠などのこれまでもトラッキングしていた指標について、ユーザーの睡眠パターンと質を1カ月にわたって総合的に表していく。

各指標には、理想的な範囲とその範囲内での自分の位置を示す。改善のためにどこに焦点を当てるべきかを考える上で役立てることができる。これらの指標は、月別の集計表で表示される。

ユーザーの睡眠スタイルは、睡眠分析から得たデータを元に「スリープアニマル」として表示。研究とテストに基づき、明確な傾向を有する6種類の動物に類型化し、それぞれを一般的なユーザーの睡眠行動とパターンに関連付けている。

スリープアニマルは、「キリン」「クマ」「イルカ」「ハリネズミ」「オウム」「カメ」の6種。例えばキリンは遅寝早起きの傾向があるが、スケジュール自体は一定している、カメは入眠時刻が毎晩異なる傾向があり、どちらかといえば速い時間に眠りにつくことが多いなど、それぞれ特徴付けている。

睡眠評価を得るためには1カ月のうち最低14日間は睡眠時にFitbitデバイスを着用する必要があり、着用している日数が多いほどより高い評価情報が得られる。また、表示されるスリープアニマルには、最適解はなく、それぞれの動物が表す意味を知ることで睡眠パターンをより理解して質を向上させることができるという。

睡眠プロフィール機能は、「Sense」「Versa 3」「Versa 2」「Charge 5」「Luxe」「Inspire 2」のPremiumユーザーが利用可能。

No image

キリン:遅寝早起きの傾向がありますが、スケジュール自体は一定しています。全体的な睡眠時間は少ないものの、質の高い睡眠に早く到達し、深い睡眠とレム睡眠を十分とれています。夜間の目覚めや睡眠の乱れは、それほど頻繁には起こりません

No image

クマ:睡眠スケジュールが一定しています。他の多くの動物よりも早寝で、一度眠りに落ちたらすぐに熟睡できます。 睡眠は長く安らかで、深い睡眠とレム睡眠が比較的長い傾向があります。ごく短時間の覚醒を除けば、眠りが大きく乱れることもなく、熟睡できるタイプです

No image

イルカ:他の多くの動物より遅寝で、全体的な睡眠時間も短い傾向があります。睡眠スケジュールのばらつきが、その一因だと考えられます。 熟睡に至るまでに少し時間がかかることが多く、深い睡眠とレム睡眠が短くなります。その結果、眠りが浅くなり、夜間に目が覚めやすい傾向があります。夜間の睡眠だけでは十分に疲労を回復できず、不足分を取り戻すために昼寝をすることがあります

No image

ハリネズミ:通常、遅寝早起きで、全体的な睡眠時間が短くなります。眠りが浅く、熟睡に至るまでに時間がかかり、深い睡眠やレム睡眠が短い傾向があります。多少の眠りの乱れや、時折、長時間の覚醒はあるものの、そこそこの安眠が得られています

No image

オウム:早過ぎず遅過ぎずの、比較的一定した就寝時刻を維持します。通常はすぐに熟睡に達し、毎晩十分な休息をとれています。眠りは深いもののレム睡眠が浅く、そのため夜間に短時間目覚めることがあります。全体としては、まずまずの休息をとれています

No image

カメ:入眠時刻が毎晩異なる傾向があり、どちらかといえば早い時刻に眠りにつくことが多いようです。睡眠時間は十分確保できているものの、熟睡に至るまでには時間がかかります。深い睡眠とレム睡眠は、平均よりやや短くなる傾向があります。時々、夜間に長く目覚めてしまい、再び寝つけず、翌日に昼寝が必要になることがあります

清宮信志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加