イ・スマン去るSMエンタ、マルチプロデュース体制に改編へ...2月3日に計画を公開

イ・スマン去るSMエンタ、マルチプロデュース体制に改編へ...2月3日に計画を公開

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2023/01/25

韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメントが今後について明らかにした。

【全文】東方神起、少女時代、NCT…SMエンタがイ・スマンPDとの契約終了を説明

SMは1月25日、来る2月3日正午より、SMTOWNのYouTubeチャンネルなどを通じてマルチプロデュース体制に関する経営陣の計画を公開すると明らかにした。

今回発表されたマルチプロデュース体制は、従来のイ・スマン総括プロデューサーによる独占プロデュースから脱し、ほかの人物もプロデュースに参加させることを指すもの。

イ・スマン去るSMはどうなるのか…

SMは昨年9月、イ・スマン総括PDの個人会社であるライク企画との契約を早期終了することを発表したが、特別な立場を明かさなかった。そのため、2月3日に所属アーティストの具体的なプロデュース方針が公開されれば、イ・スマンPDに関しても自然に明らかになる見通しだ。

No image

(写真提供=SMエンターテインメント)イ・スマン総括プロデューサー

ほかにもSMは、22日に開いた理事会で臨時社外取締役候補推薦委員会と株主還元政策に関する3つの議案を決議している。

1号議案としては、役員候補推薦委員会の規定を承認し、2号議案として臨時役員候補推薦委員3人を任命した。臨時司推委委員としては、SMのイ・ソンス代表取締役、高麗大学経営学科のチョ・ミョンヒョン教授、延世大学国際学大学院のイ・ナムウ客員教授が任命された。

SM理事会は今後3年間、別途当期純利益の20%以上を株主に還元するという株主還元政策も決議。「今年3月の株主総会から、現金配当または自社株消却を通じて株主に会社の利益を還元する計画」と伝えている。

自主改革案が発表されたSMの株価は20日、前日終値対比8.2%急騰した8万3100ウォン(約8772円)で取引を終えた経緯がある。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加