林修、名セリフ「今でしょ!」は「バージョン4まである」 印象に残るのはある技術が関係していた

林修、名セリフ「今でしょ!」は「バージョン4まである」 印象に残るのはある技術が関係していた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/23

予備校講師でタレントの林修(54)が23日放送のテレビ朝日「林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル」(火曜後6・45)に出演し、名セリフ「今でしょ!」の裏話を語った。

No image

予備校講師でタレントの林修

声優のスゴ技特集で、語尾を上げることでフレーズの印象に残る効果があることを紹介。「タッチ」の浅倉南や「うる星やつら」のラム、「美少女戦士セーラームーン」の月野うさぎなどにもその技術が見受けられるという。

ここで「今でしょ!」にも、その技術が使われていることが判明。音声のスペシャリストである法政大学の伊藤克旦教授によれば「『今でしょ!』のところだけで、1オクターブくらい上がり下がりしている。そもそも男性としては声が高いところから、さらに語尾を上げることで印象的なフレーズになったのでは」と分析した。

これに林は「これ(分析した)はバージョン2なんです。実は『今でしょ!』はバージョン1からバージョン4まであるんですよ。バージョン2はたしかに1番強いんです、だから『一番ムカつく』とネットで書かれた」とボヤき笑いを誘っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加