阪神スアレス、リーグトップ19セーブ 25試合ぶり自責点も併殺で締める

阪神スアレス、リーグトップ19セーブ 25試合ぶり自責点も併殺で締める

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

日本ハム対阪神 9回に登板のスアレス(撮影・黒川智章)

<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム2-4阪神>◇10日◇札幌ドーム

阪神守護神ロベルト・スアレス投手(30)は25試合ぶりの自責点がつくも、リーグトップの19セーブ目を挙げた。

9回先頭の近藤に中前打を浴び、1死二塁から王柏融に中前適時打を許した。続く渡辺に四球を与えて同点の走者を出すも、最後は野村を初球で二ゴロ併殺。今季登板2戦目の4月1日広島戦(マツダスタジアム)以来の自責点でもきっちり仕事を果たした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加