あなたが好きな麻婆○○は? JA全農の呼びかけにユニークなアイデア殺到し担当者驚き

あなたが好きな麻婆○○は? JA全農の呼びかけにユニークなアイデア殺到し担当者驚き

  • ENCOUNT
  • 更新日:2023/01/25
No image

おススメ食材で全農の職員が作った「長いも麻婆」【写真:ツイッター(@zennoh_food)より】

麻婆の懐の深さに感激

新玉ねぎやトマトを丸ごと使った炊き込みご飯や、焼きレタスなどのレシピ案から、梨をスティック型に切ると食べやすくなるなど、食にまつわるさまざまなアイデアをツイッターで発信している「JA全農 広報部の公式アカウント(@zennoh_food)」。ある日の投稿で、煮物料理でよく使う「里芋」を「四川風 麻婆里芋」にアレンジした一皿を紹介したところ、意外な反応が寄せられたことから24.5万人いるフォロワーに“逆質問”。想像を超えたアイデアが集まり、担当者を驚かせている。

「みなさんのご飯がちょっと楽しくなることを目指してつぶやいている」と語る同社のツイッター担当者。「里芋も麻婆にすると良い」と聞いたある日、皮をむき、下茹でを済ませた同社の商品に市販の麻婆のたれを絡めた「麻婆里芋」を紹介した。

「おいしそう!」「この発想はなかった」「今度やってみよう」などの反応に目を細めていた担当者。返事の中に「大根や、もちでもおいしいですよ!」という反応を見つけたことから、「『麻婆○○』の世界はものすごく広いのでは?」と好奇心をくすぐられ「これは純粋な興味なのですが、皆さんのおすすめ“麻婆○○”を知りたいです」と逆質問を投げかけた。

投稿を見たフォロワーらからは「じゃがいも」や「大根」などの野菜から、「牛モツ」に「カキ」、「揚げ餅」などユニークなアイデアが殺到。お酒にもご飯にも合うと「麻婆白子」の情報を見つけた担当者は「麻婆の懐の深さに、びっくりしています。厚揚げやこんにゃくも良いですね。『試してみた』第一弾として、『長いも』を使った麻婆を試してみました。ウマ辛ほっくほくでした!」と満足そうだった。

旬の食材を使ったレシピなど、有益な情報を発信し続けている同社のツイッター。特定の職員のみではなく、性別も年代もばらばらの複数職員が協力して務めているそう。「国産農畜産物が大好き」だという食のスペシャリストたちが発信する投稿に、今後も注目していきたい。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加