UAEハリファ大統領死去 73歳

UAEハリファ大統領死去 73歳

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/05/14
No image

動画を見る(元記事へ)

中東のUAE=アラブ首長国連邦の大統領で、アブダビ首長国の首長でもあるハリファ氏が亡くなりました。

UAEの国営通信社は、ハリファ・ビン・ザイド・アル・ナヒヤン大統領が13日に亡くなったことを伝えました。73歳でした。

ハリファ氏は2004年に亡くなった父に代わり、首長と大統領に就任しましたが、2014年に脳卒中で倒れて以降は健康不安が伝えられていました。

UAE大統領府は40日間、国全体が喪に服すこと、政府機関などの業務を3日間、停止することを発表しました。

30日以内に7つの首長国の代表が集まって、次の大統領が選出される予定ですが、アブダビのムハンマド皇太子が継ぐものとみられています。

ドバイにある世界で一番高いビル「ブルジュ・ハリファ」は、ハリファ大統領にちなんで名付けられたものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加