オリックス 佐々木朗に3連敗 ドラ2野口&ドラ5池田が160キロ超撃ちで光も

オリックス 佐々木朗に3連敗 ドラ2野口&ドラ5池田が160キロ超撃ちで光も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

3回、福田の遊ゴロの間に三走・野口が生還し1点を返す。投手・佐々木朗(撮影・坂部計介)

「オリックス1-4ロッテ」(13日、京セラドーム大阪)

二度あることは三度ある。オリックスは今季3度目の対決となった佐々木朗をまた打ち崩せず3戦3敗。オリ党はため息をつき、ナインも肩を落とした。

剛速球に対し、積極果敢にスイングはした。三回は先頭のドラフト5位・池田(大阪桐蔭)が初球161キロ直球を中前へ。1死一、三塁と好機は広がり、福田の遊ゴロ間に1点を挙げた。中嶋監督も「しっかり振っていけたのは良かった」と評価。しかし、1点を追う六回2死二、三塁では、バレラが空振り三振に倒れ、チャンスを生かせなかった。

「あのぐらいの球をそう簡単には打てない。何をしていくべきなのか、これからもやっていかないといけない」と指揮官は冷静に敗因を分析した。

一方で、希望の光も見えた。新人の野口&池田が佐々木朗の160キロ超えの直球に快音を響かせた。中嶋監督も「自信にしていいと思います」と褒め、「あとは変化球をどう見極めて打っていくか。成長していってほしい」と大きな期待を寄せた。

チームは連敗で4月15日以来の5位転落。5月は京セラドームで5戦5敗と波に乗れず、31試合連続の4得点以下。指揮官もあと1本が出ない状況を「それはずっと」と嘆いた。一筋の光から、浮上のきっかけをつかみたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加