バレー代表戦、試合会場で発火事故 宍戸広報部長「原因は不明」

バレー代表戦、試合会場で発火事故 宍戸広報部長「原因は不明」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

◇バレーボール日本代表国際親善試合(2021年5月1日 東京・有明アリーナ)

No image

<日本・中国>無観客の中行われた日本・中国戦(撮影・光山 貴大)

女子代表戦が行われていた午後8時17分ごろ、試合会場の有明アリーナで発火事故が起こった。場所は1階西側アリーナで、スピーカーの電源ケーブルがショートして発火。近くにいたテレビ局のスタッフが水で消火した。

中国ベンチ後方で白煙が発生したが、試合はそのまま続行された。バレーボール協会の宍戸隆広報部長は「原因は不明で、これから現場検証を行う」と説明。今回使用したケーブルは今夏の東京五輪では使う予定はないとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加