大谷翔平が粘って四球 直後に盗塁 トラウト2ランで初回に先制ホーム踏む

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04

「マリナーズ-エンゼルス」(1日、シアトル)

エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・指名打者」で出場し、初回の打席は四球で出塁し、今季4盗塁目となる二盗に成功した。

右腕ニューサムとの初対決。初回の打席は初球、外角ストライクのカーブを見送った後、2球連続で低めにはずれるチェンジアップを見切ってカウント2-1。4球目、低めいっぱいに入る150キロ直球を見送って追い込まれたが、外角低めに沈むチェンジアップに手を出さずにフルカウントとすると、150キロ直球、138キロチェンジアップを連続でファウル。最後は、9球目、内寄り低めにはずれる151キロに反応することなく、一塁へ歩いた。

次打者トラウトの打席ではカウント1-1から快足を飛ばす。捕手から二塁への送球がワンバウンドとなり、二塁を陥れた。主砲がストライクを見送ったことで記録された4つ目の盗塁。俊足でバッテリーをかき回したことで、カウント2-2からの先制7号2ランを呼び込んだ。

今季の大谷は開幕から全25試合連続し、リーグ2位タイの8本塁打、同5位タイの19打点をマーク。リーグ2冠の9本塁打、26打点のマルティネス(レッドソックス)を追っている。

▽エンゼルスのラインアップ

1番・二塁 フレッチャー 打率・264、0本塁打、10打点

2番・DH 大谷     打率・283、8本塁打、19打点

3番・中堅 トラウト   打率・425、6本塁打、14打点

4番・三塁 レンドン   打率・234、1本塁打、6打点

5番・右翼 ウォルシュ  打率・329、4本塁打、18打点

6番・左翼 アップトン  打率・231、5本塁打、12打点

7番・一塁 プホルス   打率・211、5本塁打、12打点

8番・遊撃 イグレシアス 打率・269、2本塁打、6打点

9番・捕手 スタッシ   打率・316、1本塁打、1打点

投手 キャニング  1勝2敗、防御率8・40

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加