福士蒼汰、親友・宮野真守とのバディ役で「羽根が生えて飛んでいきそう」 いのうえ歌舞伎「神州無頼街」大阪公演PR会見

福士蒼汰、親友・宮野真守とのバディ役で「羽根が生えて飛んでいきそう」 いのうえ歌舞伎「神州無頼街」大阪公演PR会見

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/14
No image

福士蒼汰(中)がいのうえ歌舞伎「神州無頼街」大阪公演をPR。会見に出席した演出のいのうえひでのり(左)、宮野真守(右)

俳優の福士蒼汰(28)と声優の宮野真守(38)が14日、大阪市内でいのうえ歌舞伎「神州無頼街」大阪公演(3月17~29日、オリックス劇場)のPR会見に出席した。

劇団☆新感線の42周年興行・春公演。博識の町医者・秋津永流(福士)がお調子者の口出し屋・草臥(宮野)と出会い、豪胆で無慈悲な侠客夫婦(高嶋政宏、松雪泰子)に戦いを挑む舞台は、コロナ禍で2020年の上演が延期されていた。

福士は、ともに新感線に初参加の「髑髏城の七人」(17年)で意気投合し、親友と認め合う宮野とのバディ役に「何をしても許される人。僕は羽根が生えて飛んでいきそう」とワクワク。

「僕に甘え過ぎじゃない?」と苦笑する宮野も「親友になれたのは2年前にできなくなっても途切れることなく気持ちを高め合っていけたから。気合はMAX。絶対に面白いものを作れる」と信頼を寄せていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加