〝野人〟岡野氏が後継指名 FW浅野は今度こそW杯の舞台に立てるか

〝野人〟岡野氏が後継指名 FW浅野は今度こそW杯の舞台に立てるか

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

浅野はW杯のピッチで輝けるか(東スポWeb)

【取材の裏側 現場ノート】森保ジャパンはカタールW杯(11月開幕)の1次リーグでE組に入り、優勝候補のドイツ、スペインと対戦することになった。いずれも世界屈指の難敵ではあるが、だからこそ期待したい選手がいる。FW浅野拓磨(27=ボーフム)だ。

同じく驚異的なスピードを武器に〝野人〟の愛称で活躍した元日本代表FWの岡野雅行氏(J3鳥取GM)に、前回のロシアW杯前に取材した際の言葉を思い出したからだ。

「スピードはどこの国にとっても脅威だから。試合の途中から出てもリズムを変えられる。私がそういうタイプだった。相当期待をしている」と岡野氏は浅野を自身と重ねながら〝後継指名〟。その爆発的なスピードは強豪相手でも日本の武器になると指摘した。

そして「今の日本代表はうまいけど、試合をぶっ壊せるやつがいない。はまったら何もできなくて途中から出てくる選手も同じタイプばかり。その中でああいう選手が出てくると良いスイッチが入る。点を取りにいくぞというのがみんなに伝わる。ピッチに出て行くだけでサポーターも盛り上がる。私もそうだったから」と力説していた。

岡野氏が語っていたのはハリルジャパンの印象で、浅野も結局ロシアW杯のピッチには立てなかった。ただ、この言葉は攻撃の停滞が課題になっている森保ジャパンにもそのまま当てはまるのではないだろうか。だとすれば、浅野のスピードは強豪を撃破する切り札になるはずだ。

今度こそ浅野は夢舞台に立てるのか。野人が太鼓判を押す超速ストライカーに期待が高まる。

(サッカー担当・渡辺卓幸)

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加