eスポーツ大会「GGGP(ガンダムゲームグランプリ)2022」開催決定! 賞金総額は500万円

eスポーツ大会「GGGP(ガンダムゲームグランプリ)2022」開催決定! 賞金総額は500万円

  • ぴあニュース
  • 更新日:2021/11/26

株式会社創通は11月25日、ガンダムゲームのeスポーツ大会「GGGP(ガンダムゲームグランプリ)2022」(主催:創通、特別協賛:SANKYO)の開催を発表。第4回大会となる本大会は実施タイトルとして『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト』を採用し、「チームホールド部門」と「シャッフル部門」を設け、GGGPでは初となる1タイトル2部門で開催されることになった。賞金総額は500万円。11月29日12時よりエントリーを開始する。

都内で行われた発表会には、株式会社創通・代表取締役社長の難波秀行氏、株式会社SANKYO・取締役副社長執行役員の富山一郎氏、スペシャルサポーターを務めるタレントの稲村亜美が出席。また、ゲストプレイヤーとして、よしきといそまるが駆けつけ、エキシビションマッチを披露した。

兄の影響で「機動戦士ガンダム」が好きになったという稲村は、「私も含めて『ガンダム』は皆さんお好きじゃないですか。なので、とてもうれしいですし、この場に立てて、とても光栄に思っています」と挨拶。自身は小学生の頃から野球に打ち込んだ経験を持ち、「勝負が始まったら、やるしかないので、勝負のスイッチを入れて、全力で戦うことに集中するのみですね。皆さんが全力で戦えることを祈っています」とeスポーツで勝利を目指す選手たちにエールを送った。
【株式会社創通/代表取締役社長 難波秀行氏】
GGGPことガンダムゲームグランプリは2018年8月を皮切りに、これまで3回開催させていただき、多くの方々にご参加いただいております。近年は新型コロナウイルスの影響によって、イベントの開催が難しいなか、今年の1月から3月に完全オンライン対戦での大会を開催し、大会参加者や動画視聴者の皆様を中心に、大変お楽しみいただけたと存じます。第4回大会についても感染防止の観点から、予選はオンラインでの開催を予定しております。しかし、対戦ゲームの魅力のひとつは、オフラインだからこそ生まれる熱量やドラマだと考えています。今回は本戦に関しては、しっかりとした感染対策の上で、参加者やスタッフなど関係者皆様の安全を確保した形でのオフライン対戦での開催を目指して、ただ今準備を進めております。選手たちの熱い戦いをご期待いただければと思っております。また、多くのプレイヤーの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【株式会社SANKYO/取締役副社長執行役員 富山一郎氏】
「GGGP(ガンダムゲームグランプリ)2022」開催おめでとうございます。心よりお喜びを申し上げます。私どもSANKYOは「機動戦士ガンダム」の遊技機化を通じまして、ガンダムの新たな楽しみ方を多くのファンの皆様にお届けしております。この度、ガンダムを通じて、社会を楽しく盛り上げるガンダム・ファミリーの一員として、特別協賛という形でご協力をさせていただきました。ガンダムを最もうまく乗りこなすプレイヤーを決めるこの大会。ガンダムをこよなく愛する選手の皆さんが日頃の練習の成果を発揮し、選手だけではなく、観客の皆さんの記憶にも残るような素晴らしい大会になるよう、心より期待しております。私どもが作るガンダムの遊技機にも言えることではございますが、ガンダムから派生いたしましたエンターテインメントがますます多くの人々に笑顔をもたらしていくことを御祈念申し上げ、私からのご挨拶とさせていただきます。

取材・文・写真=内田涼

【開催概要】
主催:創通
特別協賛:SANKYO
実施タイトル:機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト
賞金総額:500万円
エントリー:2021年11月29日(月)12:00~2021年12月12日(日)23:59

●本戦
チームホールド部門:2022年3月5日(土)
シャッフル部門:2022年3月6日(日)

公式サイト:https://ggame-grandprix.jp/
(C) 創通・サンライズ

ishii

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加