稲見萌寧、2週連続Vへ2位発進!/国内女子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/17

富士通レディース第1日(16日、千葉・東急セブンハンドレッドC西C=6659ヤード、パー72)1998年度生まれの黄金世代でツアー未勝利の山路晶(22)=森六グループ=が3アンダー69で回り、首位に1打差の2位と好発進した。賞金100万円が懸かった17番(パー3)ではホールインワンを達成。ツアー参戦2年目のペ・ソンウ(26)=韓国=が首位。2週連続優勝を目指す稲見萌寧(21)=都築電気=らも2位につけている。

前週の「スタンレーレディス」をプレーオフの末に制した稲見萌寧が好調だ。8メートルをねじ込んだ18番(パー4)など終盤の2連続バーディーで2位発進。「昨日に比べるとだいぶショットが良くなった」。前日は“絶不調”を宣言していたが、「知らず知らずのうちに優勝した翌週が大事だと、プレッシャーをかけていたのかも。17、18番のバーディーはホッとした」と2週連続優勝に向けて舵を切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加