【日本S】ホークス工藤監督、巨人圧倒の連勝スタートも慢心なし「日々、新たな気持ち」

【日本S】ホークス工藤監督、巨人圧倒の連勝スタートも慢心なし「日々、新たな気持ち」

  • フルカウント
  • 更新日:2020/11/22
No image

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:福谷佑介】

先発の石川に合格点「体が思うように動かないということもある中、しっかり投げてくれた」

■ソフトバンク 13-2 巨人(日本シリーズ・22日・京セラドーム)

ソフトバンクが圧倒的な強さを見せ2連勝を飾った。22日に京セラドームで行われた巨人との「SMBC日本シリーズ2020」第2戦を13-2で大勝。これで初戦、2戦目に勝って2勝0敗に。2018年の第3戦から記録を更新する日本シリーズ10連勝となった。工藤監督は「初回からしっかり得点できたのは大きかった」と振り返った。

初回に3点を先制すると甲斐のソロ、グラシアルの2ラン、そしてデスパイネの満塁アーチなど15安打13得点と巨人投手陣を粉砕。投げては先発の石川が6回途中2失点の力投を見せ、後を受けた中継ぎ陣が無失点リレーと投打で力の差を見せつけた。

試合後、工藤監督は「初回からしっかり得点できたのは大きかった。しっかり繋げる野球が今日の勝利に繋がった」と打線を称えると、先発の石川についても「よく、ゲームを作ってくれた。日本シリーズの先発のマウンドは緊張感あるし、体が思うように動かないということもある中、しっかり投げてくれた」と合格点を与えていた。

24日からは本拠地・PayPayドームに戻るが「今日の試合は駆けつけてくれたファンの思いが選手に乗り移って素晴らしい試合をしてくれた。日々、新たな気持ちを持って第3戦も戦っていきたい」と語っていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加