11月25日は先生ありがとうの日♪

11月25日は先生ありがとうの日♪

  • あんふぁんWeb
  • 更新日:2022/11/25

こんにちは!

11月25日は先生ありがとうの日♪

あんふぁん・ぎゅってが起案した日で日本記念日協会にも認定されています。

常日頃からありがとうだけでは足りないほどの感謝をしていますが

「先生ありがとう」で常に心に残っているお話をひとつ。

幼稚園大好き娘がひとりで教室にあがれない

年中さんの夏のことでした。

娘の通う園は昇降口まで送ったらひとりで階段をあがって教室まで上がっていくシステム。

幼稚園大好き!先生大好き!お友達大好き!の娘が、昇降口から上がれない日がポツポツと増えていきました。

聞いても幼稚園は楽しい、何かあったわけではない、朝だけなぜか泣いてあがれない。

教室まで一緒にあがることもしばしば。

思い当たる節はただひとつ。

母(私)が妊娠中でした。

ものすごく喜んでくれていましたが、不安があったんでしょう。

これはもうしばらく付き合うしかないなーと思っていました。

教室に入ると担任の先生にべったり。

年少のときの担任の先生には「私よりもお友達と遊ぶ方が多いです」と言われていたのに

この時期は先生にべったりで先生が止まろうものならサッと隣に入り

手を握っていたそうです。

先生もお仕事がありますから、常に一緒にというわけにはいかなくて申し訳ないとおっしゃっていましたが

まったくその通りで!!!

でも一緒にいられるときは手のマッサージしてもらってます(笑)と笑ってくれた先生。

お弁当が食べきれないとき、全部食べなくてはいけないと思ってがんばっていた娘に

「残したいって言っていいんだよ」と声をかけてくれて

「最近、言えるようになったんです」と言ってくれた先生。

この人には甘えていいんだと思ったんだと思います。

下の子ができたとは聞いたけど、目の前にはまだいなくて不安だったであろう時期。

あの時を乗り越えられたのは先生がいてくれたおかげです。

時間が経ったら元に戻った

原因はやっぱり母の妊娠だったようで、冬になるころにはひとりで上がれるようになっていました。

そして、年長にあがる頃にはお友達にべったり娘に戻っていました(笑)

年少、年長の担任の先生は「一緒に遊んでくれる元気な先生」、

年中の担任の先生は「一緒にいて安心させてくれる先生」と

同じ「先生」でもいろいろな先生がいることを理解できた3年間だったんじゃないかな~。

今はそのときお腹にいた弟が年中さん。

サクサクと上にあがっていきます(笑)

弟の方は、先生に対してサッパリしている・・・と思いきや、

先生の話をしっかり覚えて来ていたり、「こうやってた」と真似をしてみたり。

こちらも先生大好きの影がチラホラと出たり隠れたりしています(*´艸`*)

親としては、こんなに大変な育児の何時間かを見てもらい、

成長させてもらい、感謝しかありません!!!

先生、本当にありがとう!!!笑。

年イチとは言わず、ちょこちょこと感謝エピソードも書いていきたいですネ(*´艸`*)

No image

娘のときに先生の誕生日のときに渡した花束

<あんふぁんメイト yoshiko>

夫・長女9歳(小4)・長男4歳(幼稚園年中)下手の横好きだけど興味をもったもの色々おためし!ときどき手芸、ときどきおでかけ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加