巨人・岡本、詰まりながらも初安打に若松氏「これで、いい」

巨人・岡本、詰まりながらも初安打に若松氏「これで、いい」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人・岡本和真

SMBC日本シリーズ2020・第2戦
● 巨人 2 - 13 ソフトバンク ○
<11月22日・京セラD大阪>

巨人の岡本和真が、今日本シリーズ初安打を放った。

岡本は2-7の6回一死一塁で迎えた第3打席、ソフトバンクの先発・石川柊太が1ボール2ストライクから投じた高めのストレートを詰まりながらも、センター前に落とした。

22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-ソフトバンク 日本シリーズ第2戦』で解説を務めた若松勉氏は、つまりながらの安打に「これで、いいんですよ。スイング自体はレベルで振ったヒットなので、これで気を良くするのではないですかね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加